日刊サイゾー トップ > 社会  > 中国で市民権を得たミニアプリって何?

中国で市民権を得ているアプリの中で動くアプリ「ミニアプリ」って何?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

中国では今、「ミニアプリ」と呼ばれる「アプリの中で動くアプリ」が市民権を得ている。ユーザーのデジタル経験を大きく変える可能性を秘めるこのミニアプリ。実は日本でも現在「LINE」が手がけ始めているのをご存じだろうか。SNS最大手のLINEがサービスに乗り出したということは、今後日本でも定着していくことが予想される。
今回は、聞き慣れないミニアプリについて詳しく説明していく。「私たちの生活がどう変わるの?何が便利になるの?」と正直イマイチよくわからないミニアプリだが、その真実とは…。

スマホでのユーザーの経験をワンランク上げる可能性を秘めている

 昨今急激なキャッシュレス化が進む日本だが、諸外国から見るとその流れは遅いくらい。ということは一足先にキャッシュレス化が進んでいる諸外国をのぞけば、日本で今後「デジタル文化」として“何が流行るか”を予測することができるだろう。キャッシュレス化が進む中国では現在ミニアプリが急増しているという。ミニアプリとは、2017年に中国のコミュニケーションアプリ「WeChat」が搭載した新たなアプリの一種。メインのアプリ内でサブのアプリを稼働さ…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/01/03 08:30

中国で市民権を得ているアプリの中で動くアプリ「ミニアプリ」って何?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

印米中、常識破りのジャンクかた焼きそば

 シュプリームのコレクションに楽曲を提供し、...…
写真
インタビュー

上野「CASTLE RECORDS」の大きすぎる功績

 2009年に東京・上野のアメ横センタービルにオープンした、国内のヒップホップの作品...
写真