日刊サイゾー トップ > エンタメ > テレビ  > 中村芝翫不倫に坂上「ホッとする」のヤバさ

中村芝翫の再不倫に坂上忍が絶望的な勘違い発言!世間から大バッシングも「コロナよりホッとする」

中村芝翫の再不倫に坂上忍が絶望的な勘違い発言!世間から大バッシングも「コロナよりホッとする」の画像1
この日、北村弁護士ともいつものプロレス。

 8日放送のフジテレビ『バイキングMORE』で「文春オンライン」で“4年ぶり2度目”と報じられた歌舞伎俳優の八代目中村芝翫(55)の不倫について特集した。

 7日に緊急事態宣言が発令された中での報道に、MCの坂上忍(53)は「連日コロナのニュースを扱っているせいか、不倫のニュースでこんなにホッとしているのは初めてです」とスタジオを笑わせ、フジテレビ伊藤利尋アナウンサーからは「ホッとはできないところかもしれませんが」と突っ込みが入った。

 中村と相手の女性が怪しまれないよう、ふたりの関係を知る割烹の女将がホテルまで同伴したり、別々の部屋に入るふりをしていたりとカモフラージュしていたことが紹介されると坂上は「対策は取ってたのにな~」とポツリ。楠田枝里子(68)が「京都で守っていました?」と坂上が不倫時にカモフラージュに協力していたのでと問いただした。坂上は「いやいやいや」と否定したが「京都は僕、若いときは、よく行ってました。若いときです」と意味深な表情で答えた。

 その意味深な表情の訳は、坂上と中村が旧知の仲だからだ。

 坂上は「僕はもう30年来の友人だから、“こうちゃん”って呼んでるし」と中村を本名の“幸二”の愛称で呼んでいると明かし、「そもそも(三田)寛子ちゃんとお付き合いした時も、この間に共演者の、僕も知ってる人がいて、その人があいだとりもって、ふたりはご結婚されたわけですから」と結婚時のエピソードを語った。
そして「だから今日は僕は全力で黙りますよ」ときっぱり忖度宣言して笑顔を見せた。

 坂上は、最後に「僕よりこうちゃん、ふたつ年上なんですけど、ちょっとあなたの元気は僕にも欲しいということですね。以上」とコロナ報道時には見せないリラックスした様子で締めくくっていた。

 直前には、菅義偉首相が開いた記者会見にについて坂上と北村晴男弁護士とで激しい口論をしていただけに、不倫報道という、いかにもワイドショーらしい話題で何故かほっこりした時間だった。

大山ユースケ(ライター)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

おおやまゆーすけ

最終更新:2021/01/08 22:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed