日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ日記  > 『徹子の部屋』とテレビの予定調和と

『徹子の部屋』とゆりやんレトリィバァとテレビの予定調和と

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

‘タモリ「俺、本当は社会に向いてないのかなと思う」’

 毎年放送されているNHK総合の『ブラタモリ』と『鶴瓶の家族に乾杯』のコラボ番組。今年は3日に『タモリ×鶴瓶 新春SP2021』としてお送りされていた。ただ、コロナ禍が続く中で例年のようなタモリと鶴瓶のロケは無し。スタジオでVTRを見たりトークをしたりといった内容になった。

 で、2人が過去のロケで出会った人などにカメラを向けたVTRで尋ねられていたのは「大変だったけど良かったこと」。コロナ禍になりテレビでは「大変なこと」が多く報じられる中、確かに「大変なこと」はたくさんあるのだけれど、その中でも経験された個人的な「良いこと」が伝えられた放送だった。

 中でも印象的だったのは、鶴瓶が以前、愛知県で出会った帽子職人だ。彼は言う。

「2カ月ぐらいですかね、ずっとここにこもって作業だけしてたんですね。お客さん入れないようにして。それがめちゃくちゃ楽しくて。お客さんが来るとドキッとしちゃうんで、全然そんなこと気にせずに作業だけしていられるっていうのが僕は最高でしたね」

 これを受けてタモリが語る。

「このコロナになって、こういう方の気持ちがすごいわかる瞬間があるんだよ。俺は本当はこういう人だったんじゃないかと思うの。俺、本当は社会に向いてないのかなと思う」

 自分は本来、他者とのコミュニケーションが苦手な人間なのではないか、とも語るタモリ。かつては毎日お昼にさまざまな著名人と「友だちの輪」をつないでいた男の、非社会性の告白。タモリはさらに言う。

「(社会に)向いてない人っていっぱいいると思うんだけども、向いてるフリをして無理してみんな生きてるのがね、わかるなという気がしてきたね」

 なお、帽子職人は鶴瓶の印象を次のように語る。

「そこにいるのにそこにいないような感じでしたね。ひらたく言えば、心が通じ合わないんだろうなっていう気がしたというか。花とか風とか、そういうのと喋ってるような感じです。目の前にいる人のことはたぶん見てないし、笑顔っぽい顔をしているだけ」

 これをタモリは「見事な描写」と絶賛。タモリがこれまで繰り返してきた「目の奥が笑ってない」といった鶴瓶への分析的な評価を、詩的に書き直したような鶴瓶の描写だった。

 一方、帽子職人はタモリについての印象を聞かれると、しばらくの沈黙の後「なんにもないですね」とひと言。これはまたこれで、タモリに対する「見事な描写」だったのかもしれない。

123

『徹子の部屋』とゆりやんレトリィバァとテレビの予定調和とのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

占い番組人気で、興味津々!?

予期しなかった恋愛が突然成就したりして、みんな占いの結果に興味津々?!
写真
人気連載

菅義偉首相「専門家が対策をやらないから」と“逆ギレ”

今週の注目記事・第1位「テレ朝斎藤ちはるアナ...…
写真
インタビュー

強権的な指導者を好む若者増加

 アメリカの調査機関ピュー・リサーチ・センターによれば、世界の多くの国で軍事政権に対...
写真