日刊サイゾー トップ > 連載・コラム  > 吉住の“いいコント”とAマッソのレジスタンス

ルール無用な『THE W』、吉住の“いいコント”とAマッソのレジスタンス

【完成】ルール無用な『THE W』、吉住のいいコントとAマッソのレジスタンスの画像1
吉住Instagramより

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(12月12~19日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

Aマッソ・加納「崖っぷちやと思います」

 出場資格は女性であることだけ。芸歴に制限はなく、漫才、コント、ピン芸なんでもあり。そんなお笑いの賞レース番組『女芸人No.1決定戦 THE W 2020』(日本テレビ系)が14日に放送され、例年以上の盛り上がりを見せて幕を閉じた。

 個人的には、Aマッソの戦いぶりが印象的だった。Bグループの1組目として登場した彼女たち。ネタ作りを担当する加納はネタ前のVTRで、「もうずっと『ネクストブレイクだ』って、『来年はAマッソの年だ』みたいに言われ続けて、5年経ちましたね。崖っぷちやと思います」と語っていた。

 確かに、随分前から関係者やお笑い好きの間でネタの評価が高かった彼女たちは、なかなか世間一般に”見つかる“きっかけを掴めずにいたように見える。彼女たち自身が、世間にありきたりな形で”見つかる”ことを避けていた節があったようにも見える。

 そんなAマッソが見せたのは、映像と漫才を融合したネタ。プロジェクターで映し出されたセンターマイクの前に「どうもー!」と2人が立つ。彼女たちの掛け合いに合わせて、スクリーンに投影される映像が次々と切り替わっていく。漫才でもない、コントでもない、これまであまり見たことがないタイプのネタに笑った。

 と同時に、このネタは2つのものの可能性を同時に広げたようにも見えた。

「他の賞レースではできないネタを、『W』用に持ってきました」

 ネタ前のVTRで加納はそう語っていた。なるほど、参加資格は女性であることだけ、漫才だろうがコントだろうがネタの内容は問わない、そんな『THE W』という大会でしか今回のネタは披露できなかっただろう。

 翻って、“なんでもあり”な『THE W』は、その制限のなさが大会の評価を落とす理由のひとつになっていたはずだ。そのことをふまえると、今回のAマッソのネタは、大会の”なんでもあり”なところをデメリットではなくメリットに捉え返すものだったように思う。“なんでもあり”だからこそ、質は高いが既存の枠にハマりにくいネタを披露できる。そういう意義のある場として、大会を改めて定義し直していたように思う。

 彼女たちは今回このネタで、Aマッソの今後のキャリアの可能性を広げた。と同時に、『THE W』という大会自体の可能性を広げたのではないか。

 ある意味でわかりやすく印象に残りやすい今回のネタは、「崖っぷち」と語る彼女たちが世間に“見つかる”ことを意識したものだったかもしれない。一方で、自分たちの手が及ばないところで設えられた「女性限定の賞レース」というゲームのルールをハックし、自分たちの手でルールを再設定しようというレジスタンス。彼女たちの今回の戦いぶりには、なんだかそんなものも感じた。

123
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真