日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > 吉住の“いいコント”とAマッソのレジスタンス

ルール無用な『THE W』、吉住の“いいコント”とAマッソのレジスタンス

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

【完成】ルール無用な『THE W』、吉住のいいコントとAマッソのレジスタンスの画像1
吉住Instagramより

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(12月12~19日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

Aマッソ・加納「崖っぷちやと思います」

 出場資格は女性であることだけ。芸歴に制限はなく、漫才、コント、ピン芸なんでもあり。そんなお笑いの賞レース番組『女芸人No.1決定戦 THE W 2020』(日本テレビ系)が14日に放送され、例年以上の盛り上がりを見せて幕を閉じた。

 個人的には、Aマッソの戦いぶりが印象的だった。Bグループの1組目として登場した彼女たち。ネタ作りを担当する加納はネタ前のVTRで、「もうずっと『ネクストブレイクだ』って、『来年はAマッソの年だ』みたいに言われ続けて、5年経ちましたね。崖っぷちやと思います」と語っていた。

 確かに、随分前から関係者やお笑い好きの間でネタの評価が高かった彼女たちは、なかなか世間一般に”見つかる“きっかけを掴めずにいたように見える。彼女たち自身が、世間にありきたりな形で”見つかる”ことを避けていた節があったようにも見える。

 そんなAマッソが見せたのは、映像と漫才を融合したネタ。プロジェクターで映し出されたセンターマイクの前に「どうもー!」と2人が立つ。彼女たちの掛け合いに合わせて、スクリーンに投影される映像が次々と切り替わっていく。漫才でもない、コントでもない、これまであまり見たことがないタイプのネタに笑った。

 と同時に、このネタは2つのものの可能性を同時に広げたようにも見えた。

「他の賞レースではできないネタを、『W』用に持ってきました」

 ネタ前のVTRで加納はそう語っていた。なるほど、参加資格は女性であることだけ、漫才だろうがコントだろうがネタの内容は問わない、そんな『THE W』という大会でしか今回のネタは披露できなかっただろう。

 翻って、“なんでもあり”な『THE W』は、その制限のなさが大会の評価を落とす理由のひとつになっていたはずだ。そのことをふまえると、今回のAマッソのネタは、大会の”なんでもあり”なところをデメリットではなくメリットに捉え返すものだったように思う。“なんでもあり”だからこそ、質は高いが既存の枠にハマりにくいネタを披露できる。そういう意義のある場として、大会を改めて定義し直していたように思う。

 彼女たちは今回このネタで、Aマッソの今後のキャリアの可能性を広げた。と同時に、『THE W』という大会自体の可能性を広げたのではないか。

 ある意味でわかりやすく印象に残りやすい今回のネタは、「崖っぷち」と語る彼女たちが世間に“見つかる”ことを意識したものだったかもしれない。一方で、自分たちの手が及ばないところで設えられた「女性限定の賞レース」というゲームのルールをハックし、自分たちの手でルールを再設定しようというレジスタンス。彼女たちの今回の戦いぶりには、なんだかそんなものも感じた。

123

ルール無用な『THE W』、吉住の“いいコント”とAマッソのレジスタンスのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

TKO・木本、謝罪会見で復活アピールも…

 昨年7月、7億円の投資トラブルが発覚して、...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真