日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > テレビ日記  > 紅白で見たい黒柳徹子のHBB

紅白で見たい、黒柳徹子のHBB「ツ、ツ、ツ、ツツ、チュ~」

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

【完成】紅白で見たい、黒柳徹子のヒューマンビートボックス「ツ、ツ、ツ、ツツ、チュ~」の画像1
HIKAKINツイッターより

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(12月20~26日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

黒柳徹子「練習してもできないかな?」

 ステイホームをひとつのきっかけに芸能人のYouTubeでの活動が盛んになった2020年。そんな年の瀬に、日本のYouTuberの代表的存在の1人といっていいだろうHIKAKINが、24日の『徹子の部屋』(テレビ朝日系)に出演していた。

 比較的よく知られているように、彼が最初に注目されたのはヒューマンビートボックス。今回の出演に際しても、HIKAKINは黒柳徹子の目の前でヒューマンビートボックスを披露する。『徹子の部屋』のテーマ曲も“演奏”する。黒柳はそれをときおり体を少し揺らしながら、若手芸人のネタを見るときのあの眼差しでじっと見る。

「練習してもできないかな?」

 さすが好奇心の強い黒柳、HIKAKINのパフォーマンスが終わるとそう言って、口元でさっそくプスプスと言わせ始める。「世界では女性でも上手い人が山ほどいます」と聞くと、彼女は我流のヒューマンビートボックスを始めた。

「トゥ、トゥトゥ、トゥトゥトゥ、チョチュチュ、チュチュチュチュ、チュ、チュチュチュ、チュチュ、チュチュチュ、ツツツツ、ツツ、ツツツツ、ツ、ツ、ツ、ツツ、チュ~」

 ヒューマンビートボックスというか、モールス信号のような何か。どこかへの暗号かもしれない。黒柳はゲスト審査員として年末の『紅白歌合戦』(NHK総合)に出演する予定だけれど、どこかの歌手のところにこのヒューマンビートボックスで乱入したりしないだろうか。あるいは特別企画で、やはりヒューマンビートボックスが得意な滝沢カレンとコラボしないだろうか。

藤本敏史「努力と対価が伴ってない。こらホンマにチクショーや」

 22日の『ロンドンハーツ』(テレビ朝日系)で放送されていたのは「クリスマスだよ!太夫フェス」と題した企画。以前から同番組では、フジモンこと藤本敏史が顔を白塗りにしてコウメ太夫になる、フジモン太夫と称するネタが繰り返されてきた。そんなフジモン太夫が、有吉弘行や山崎弘也(ザキヤマ)らが”悪ノリ”で提案したパロディ企画を実現する企画だ。

 開幕した太夫フェス。オープニングアクトは湘南乃風のパロディ「湘南乃太夫」。フジモン太夫は『睡蓮花』の歌詞を変えながら、「めっちゃバリバリ塗っちゃって!」と歌い踊る。次は、『逃走中』(フジテレビ系)の本格パロディ「白塗り中」をVTRで。同じ白塗りのゴー☆ジャス、氏神一番と共にハンターから逃げるフジモン太夫。衣装や画面の細部、ナレーションまで本家の『逃走中』を忠実に再現しているのがおかしい。

 続けて、『半沢直樹』(TBS系)のパロディ「太夫沢直樹」。半沢直樹をフジモン太夫が演じ、脇を安田団長(安田大サーカス)、河本準一(次長課長)、隅田美保(アジアン)ら芸人が固める。フジモンらは特にふざけることなく忠実にドラマを再現していく。そして、最後はNiziUのパロディ「DaU(ダユゥー)」。さすが元・吉本印天然素材。ダンスは完コピだ。

 なお、フジモンいわく、このパロディ企画は相当な時間を使ったとのこと。湘南乃風のパロディで2~3時間、『逃走中』のパロディで8時間、NiziUのパロディで10時間、『半沢直樹』のパロディにいたっては14時間かかったという。

「努力と対価が全然ともなってない。こらホンマにチクショーや」

 なるほど、パロディは労力がかかる。裏方になるとさらに、だろう。そのせいだろうか、最近はあまり見かけなくなっている印象がある。そんな中での今回の「太夫フェス」は、なんだか久しぶりにパロディ企画を堪能した気がする。白塗りの50歳男性がいろいろやらされている、という前提が大いにふざけているから、そんな彼がただただ演技やダンスなどに真面目に取り組む画面に笑ってしまう。元ネタにひとつもテレ朝関連がないのもいい。

 黒柳徹子と滝沢カレンのヒューマンビートボックスの後ろで、フジモン太夫が踊っていてはくれないだろうか。

123

紅白で見たい、黒柳徹子のHBB「ツ、ツ、ツ、ツツ、チュ~」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

タッキー革命新章突入!? ジャニーズはどうなる?

不祥事タレントを容赦なく切り捨て、Jr.の年齢制限まで勃発…ジャニーズはどうなる!?
写真
人気連載

変態夫婦の純愛物語『クラッシュ 4K』

 エロスとタナトスが交差する瞬間、人間はかつ...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真