日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > パンサー向井「去年1回もエッチしてない」

パンサー向井「2020年1回もエッチしてない」スキャンダルゼロ芸人、今年はMCとして大飛躍か

文=日刊サイゾー

パンサー向井「2020年1回もエッチしてない」スキャンダルゼロ芸人、今年はMCとして大飛躍かの画像1
藤森慎吾のYouTubeチャンネル「藤森がこれからどうするかをパンサー向井と語る!!【ドライブトーク】」より

 オリエンタルラジオ藤森慎吾のYouTubeチャンネルの人気企画「ドライブトーク」に、パンサーの向井慧が登場しちょっとした話題になっている。「ドライブトーク」はゲストの素の部分が見られることで人気を博しているが、今回も仕事や私生活について赤裸々に語られた。

 そんな中で特に盛り上がったのは、向井のプライベートについてだ。藤森同様に“イケメン芸人”という扱いを受けることも多い向井だが、共演者の女性とコミュニケーションをとるのは苦手だと語り、それにもかかわらず「モテるんでしょ?」というイジリを受けることに納得がいかないのだという。挙げ句の果てには「2020年コロナっていうものを加味しても、1回もエッチしてない」と告白し、藤森を爆笑させた。

「動画で本人も言ってましたが、向井さんはイケメン芸人なのにスキャンダルが1回もないんですよね。もちろんモテないことはないでしょうが、ガードが硬い。あとは同じメンバーの尾形(貴弘)さんが週刊誌にベッド写真を掲載されたり、スキャンダルが多く、そのせいでレギュラー番組をなくしたこともあったので、向井さんは人一倍気をつけてるんだそうですよ。こうした向井さんの潔白は、今テレビ業界がもっとも求めている要素でもあります」(構成作家)

 昨年は著名人の薬物事犯や不倫スキャンダルが相次ぎ、そのたびにテレビ局でドラマやバラエティ番組を制作するスタッフたちは対応に追われた。そのせいもあってか、今はキャスティングの際に「何かスキャンダルになりそうなことはないか」という身辺調査を事前に行うケースも増えているのだという。

「特にNHKは神経を尖らせていますね。起用しているタレントに不祥事があると、必ず視聴者から『受信料返せ!』というクレームが入るので、いよいよ辟易としているようですよ。向井さんは芸歴10年以上にもかかわらず、スキャンダル報道がないですから、今後はNHKからのオファーが増えるかも。そもそもMCとしての評価も高まっていますし、ラジオのレギュラーもどんどん増えています。芸人愛が強いところも魅力的ですし、同期や後輩芸人からの支持もめちゃくちゃ高い。昨年は同期のチョコレートプラネットが大ブレイクしましたが、今年は向井がハネる予感がします」(同)

 禁欲的に芸人人生を突き進む向井、その泥臭さが日の目を見るのも間近かもしれない。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/15 08:00

パンサー向井「2020年1回もエッチしてない」スキャンダルゼロ芸人、今年はMCとして大飛躍かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

テレビ不要時代の「TVerドラマ人気ランキング」

日刊サイゾー独自の「TVerドラマ人気ランキング」で人気ドラマをチェック!
写真
特集

BE:FIRST『BE:1』発売記念特集

〈BE:FIRSTが何なのか証明しよう〉さまざまな角度からBE:FIRSTの魅力に迫る!
写真
人気連載

国葬を岸田首相に進言した“ブレーン”の正体

今週の注目記事・第1位「『ENEOS独裁会長...…
写真
インタビュー

ハイロー監督に聞くLDHエンタメの真髄

K-POP、2.5次元、タピオカ、韓国ドラマ...…
写真