日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > ゾンビもの『キミセカ』ツッコミ殺到

ゾンビが大人しく体育館で待機する? ツッコミどころ満載『君と世界が終わる日に』ネットとは好相性か

文=日刊サイゾー

ゾンビが大人しく体育館で待機する? ツッコミどころ満載『君と世界が終わる日に』ネットとは好相性かの画像1
『君と世界が終わる日に』公式サイトより

 17日からスタートしたドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)がネットでちょっとした話題になっている。

 竹内涼真と中条あやみが主演の「ゾンビに占拠された世界で繰り広げられるサバイバルラブストーリー」という本作だが、実は地上波プライムタイムでの「ゾンビもの」は史上初の試みだといい、テレビドラマファンだけでなく“ゾンビものファン”からも注目度が高いようだ。

 案の定、放送中はSNSでもさまざまな感想が飛び交い、ゾンビ好きからは「ゾンビものあるあるが詰め込まれていた」「ゾンビのクオリティが海外に比べると低いけど、そこはしょうがないか…」、ゾンビになじみのない視聴者からは「ゾンビってこんな早く走るの!?」といった新鮮な驚きの声もあがっていた。

 さらには「体育館で大人しく待機する大量のゾンビがシュールすぎる」「なんでゾンビがじっと待機していられるの?」といったツッコミも殺到していたようだが……。

「ゾンビの解釈なんてどうとでも創作できますから、大人しく待機できるゾンビがいてもいいのでは(笑)。どちらにせよ、良くも悪くも“何かツッコミたくなるドラマ”に仕上がっていて、ネットとの相性は良いかもしれませんね。浜崎あゆみの自伝ドラマ『M』(テレビ朝日)も視聴率はそんなにだったけれど、とにかくネットで盛り上がりを見せていたし、『君と世界が終わる日に』もネット受けで成功する可能性が高い。第1話は“ゾンビものあるある”がふんだんに詰め込まれていて、それに対して既存のゾンビファンが湧いていたが、同じ手法はいつまでも通用しない。2話以降どう盛り上げていくかがカギですね」(テレビ情報誌編集者)

 2010年からスタートした海外ドラマのゾンビもの『ウォーキング・デッド』シリーズが世界的に大ヒットしたことを受け、日本でのゾンビ人気も年々高まっている。とはいえ、ゾンビものは制作費と制作時間がかさむため、なかなか企画が通りにくいジャンルとも言われていた。

「16年にはマンガ原作の実写映画『アイアムアヒーロー』が大泉洋主演で制作されましたが、撮影の規模がでかすぎて日本では撮影しきれず韓国ロケを敢行したんです。かなりの意欲作でしたが、興行収入は16億円と少々物足りない着地でした。予算と成果がなかなか見合わない“国産ゾンビもの”は鬼門でもあるので、逆に『君と世界が終わる日に』には期待したいです。『ウォーキング・デッド』や韓国映画『新感染』もそうですが、最近のゾンビものの主流は“人間ドラマ”なんです。人間同士の心理戦や争いがうまく描ければゾンビの描写が安っぽくてもヒットの可能性はある」(映画ライター)

 ゾンビファンも期待を寄せる『君と世界が終わる日に』。視聴者を飽きさせない“ツッコミどころ”と“人間ドラマ”を描けるか、2話以降も注目していきたい。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/18 12:00

ゾンビが大人しく体育館で待機する? ツッコミどころ満載『君と世界が終わる日に』ネットとは好相性かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

Kダブ語るトランプ「忖度しない型破りな政策」

 パート1では、Kダブシャインがトランプを支持するまでの経緯を見たが、本稿ではさらに...
写真