日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 松潤主演大河嵐の“第2章”スタート

松潤主演大河の撮影次第になりそうな嵐の“第2章”スタート

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

「松潤主演大河の撮影次第になりそうな嵐の第2章スタート」の画像1
写真/GettyImagesより

 2023年のNHK大河ドラマの主演を嵐の松本潤が務めることが19日、同局から発表された。

 各スポーツ紙によると、番組名は『どうする家康』で、松本が主人公の徳川家康役。脚本は『リーガル・ハイ』『コンフィデンスマンJP』シリーズなどを手掛けた古沢良太氏が担当するという。ジャニーズの所属タレントの大河主演は14年の『軍師官兵衛』の岡田准一に続き5人目であり、ファンのみならず、業界からの注目度も高い。

 松本は同局を通して、「初めにこの話を聞いたのは昨年の11月。嵐として2020年いっぱいまで走りきりたいと思っていた僕は、これだけのおおきなことを決めることはできないと思い、結論を待っていただきました。そして、年が明けてから今一度考えました」などとコメント。オファーを受けた経緯を明かした。

「20年おおみそかの紅白、活動休止前ラストステージの嵐は大トリのオファーを蹴って、無観客の生配信ライブを開催。そのため、NHKと所属するジャニーズ事務所の関係が悪化したかと思われていたが、水面下で大きな話が進んでいた。大河主演が決まったとあっては、まだまだジャニーズとは蜜月な関係が続きそうだ」(芸能記者)

 そこで、グループとしての“第1章”を終えた嵐。年明けからは、もともと活動休止の言い出しっぺだったリーダーの大野智以外のメンバーはソロ活動を行っているが、「さっそく松本がソロでの大仕事をゲット」(同)した格好だ。

 しかし、やはり気になるのが嵐のファンが早くも切望している、グループとしての活動再開、つまり“第2章”のスタート時期だ。

「嵐は今年に延期になった東京五輪で、NHKのスペシャルナビゲーターをつとめ、NHKはその任務が継続することを発表しているので、五輪の時期は5人での仕事をこなすだろう。とはいえ、ファンが待ち望むのは5人そろってのステージであることに間違いはない。松本はステージの演出を手掛けているが、大河の場合、撮影に入ると丸1年、拘束されてしまう。現在、コロナの影響で大河の放送開始・終了時期が遅れているが、このままいけば撮影終了は24年の早い時期になるのでは。そして、しばらくの準備期間を置いて、早くても24年の春ごろに“第2章”スタートと見る関係者も多い」(音楽業界関係者)

 まだ3年以上あるが、ファンは待つことしかできないようだ。

最終更新:2021/01/21 20:40

松潤主演大河の撮影次第になりそうな嵐の“第2章”スタートのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

さらば青春の光インタビュー

 ときにはガチの元セフレが出演し、ときにはエピソードトークの内容検証のためにADがパ...
写真