日刊サイゾー トップ > 芸能  > 森七菜のSMA移籍は「引き抜き」か

森七菜の移籍は「引き抜き」か? LiSAブレイクも相まってイケイケ状態のSMA“本当の評判”

文=日刊サイゾー

森七菜の移籍は「引き抜き」か? LiSAブレイクも相まってイケイケ状態のSMA本当の評判の画像1
森七菜

 何やら不穏な方向に向かいつつある女優・森七菜の事務所移籍騒動。これまでの所属事務所である「ARBRE」の公式サイトから森のプロフィールは消え、さらに公式インスタグラムのアカウントも削除された。今後は大手芸能事務所「ソニー・ミュージックアーティスツ(SMA)」に移籍する方向で動いているという。

「ステージママだという森の母親が動いていたといいますが、いわばSMAの引き抜きのような形。SMAからARBREには移籍金が支払われることになるでしょう。ただ、今後、森が稼ぐであろうお金を考えると、小規模な事務所であるARBREにとっては必ずしも歓迎できる展開ではないでしょうね」(芸能事務所関係者)

 SMAは、ソニー傘下の芸能事務所として、本来はミュージシャンをメインに扱っている。しかし、昨今は土屋太鳳や二階堂ふみといった人気女優も抱えている。

「俳優部門はずっと主演級のタレントが育たず、くすぶっていたんですが、ここにきて土屋太鳳と二階堂ふみが台頭してきて、とても調子がいい。そのうえ、『鬼滅の刃』の主題歌で大ブレイクしたLiSAも所属していることもあり、かなりイケイケ状態ですね。昨年末の紅白では、司会の二階堂とLiSAの出場と引き換えに、知名度が低いmiletをねじ込んだとも言われています。相当“強気”な状態にあるからこそ、森七菜の引き抜きという、ルール破りすれすれの行為に出たのかもしれませんね」(同)

 昨今は、大手芸能事務所から独立するタレントも多く、タレントが自分の意思で動ける時代になってきた。その点では森七菜の移籍という選択も、何ら問題がない行為ではあるだろう。ただ、イケイケ状態にあるSMAに対しては、批判的な声も少なくないようだ。

「所属タレントに対してちょっと冷たい部分もあるんですよね。代表的なところでは、薬物で逮捕されたピエール瀧への処分ですね。SMAは、瀧が逮捕された同日に契約を解除しており、電気グルーヴの過去の作品の出荷とデジタル配信をすぐに停止しました。結局それらの対応が原因となり、瀧の“相方”である石野卓球もSMAを退社しています。SMAはタレントの人生を背負って、深くサポートをしていくタイプの芸能事務所ではないという印象なんです。森も大手に移籍したからといって安泰というわけではない」(芸能記者)

 SMAがタレントに対してドライな背景には、親会社であるソニーの存在も影響しているという。

「世界的な大企業であるソニーの看板を背負っている以上、SMAも下手な動きができないんでしょう。社内政治の影響力が大きすぎるがゆえ、所属タレントは軽視されてしまう傾向にあるというわけです」(同)

 森七菜を獲得したSMAが今以上にイケイケ状態になることを懸念する関係者も、少なくなさそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/22 11:00

森七菜の移籍は「引き抜き」か? LiSAブレイクも相まってイケイケ状態のSMA“本当の評判”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

女性の強さで人間の生を描いた 相米慎二『あ、春』

 こんばんは! 宮下かな子です。陽射しが少し...…
写真
インタビュー

アンタッチャブル柴田が語る漫才

 お笑い第7世代と呼ばれる若手芸人たちが次々と登場する今、「ブレイク前夜」の闇の中に...
写真