日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 宮迫博之、松本人志との確執深まる

宮迫博之「芸人批判発言」を必死に火消しも事務所との確執根深く、復帰はまた遠のいた?

文=日刊サイゾー

宮迫博之「芸人批判発言」を必死に火消しも事務所との確執根深く、復帰はまた遠のいた?の画像1
「【スター集結】宮迫手越と牛牛行ってベロベロになるまで呑んだら爆笑と感動の神回生まれた…」(ヒカル 公式youtubeチャンネルより)

 YouTubeの動画において、“先輩の松本人志よりトークが上手い”と発言した疑惑が浮上した宮迫博之。1月19日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)では、同誌の直撃取材に対し、反論をしている。

 宮迫の問題発言があったのは、昨年末にYouTuberヒカルのチャンネルにアップされた動画。その内容は、宮迫、ヒカル、手越祐也が酒を飲みながらトークするというものだった。手越が「トークは〇〇(音声は消されている)より、宮迫さんのが上」と発言すると、宮迫は「そらそうだろ。わかってるよそんなん! 誰がそばにおって面白くしてると思ってんねん!」「正直今は、俺のほうが上手い」と返したのだ。

 その後、ネット上ではこの「〇〇」がダウンタウンの松本人志なのではないかと話題になると、宮迫はツイッターで否定。さらに、『週刊女性』の直撃取材を受けた宮迫は、件の動画収録時について「酔っ払っていたので覚えていない」と答えている。

「動画を見る限り、そこまで泥酔していたようには思えないんですよね……。本当に松本さんについて話していたかどうかは別として、宮迫さんがこの騒動をどうしても火消ししておきたいのは間違いないでしょう」(お笑い事務所関係者)

 宮迫が松本の動きを気にするのはどうしてなのだろうか。

「現状、宮迫さんが地上波に復帰できないのは、吉本興業が許していないからで、さらに言えば吉本が許していないのは、松本さんがまだ許していないからだと言われている。現在の吉本興業の上層部は、御存知の通り、ダウンタウンの元マネージャーで固められていて、松本さんの意向が会社の政治にしっかりと反映される形になっています。つまり、松本さんの意見は吉本の意見であり、吉本の意見は松本さんの意見なんですよ。宮迫さんもそこを重々承知なわけで、松本さんを変に刺激したら、復帰が遅れてしまうということは理解しているはずです」(同)

 宮迫が吉本から契約解除となった闇営業騒動において、松本は心配して宮迫に電話をしている。しかし、宮迫は独自に記者会見を開き、吉本に対する批判を展開した。

「完全に“吉本側”である松本さんにとっては、宮迫さんに噛みつかれた形。あの時に生じた確執を拭い去れずに、現在に至るという感じ。今回の騒動で松本さんは、宮迫さんに対する不信感をさらに深めてしまった可能性もあると思います。そうなったら、宮迫さんの地上波復帰はさらに遠のいたと言えるかもしれないですね」(同)

 手を差し伸べた松本を無視して暴走してしまった宮迫の代償はあまりにも大きかったようだ。宮迫の苦悩はまだまだ続く。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/01/23 09:00

宮迫博之「芸人批判発言」を必死に火消しも事務所との確執根深く、復帰はまた遠のいた?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

元関係者語るボイメン平野

 今年の5月22日にKing & Prince(以下:キンプリ)脱退、そしてジャニーズ事務所を退社することが決まっている平野紫耀。  2022年1...…
写真
人気連載

『どうする家康』服部半蔵は忍者ではない

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真