日刊サイゾー トップ > 社会  > 山口組はどうして分裂したのか?
【現代ヤクザの基礎知識】

山口組はどうして分裂したのか? 不景気と厳罰化が生み出した「前代未聞の離脱劇」

文=佐々木拓朗(ささき・たくろう)

神戸山口組の大きな誤算とは?

 大きくいえば、こうした要因を受けて、のちに神戸山口組を形成する、山健組を中心とした勢力は生き残りを賭けた大勝負に打って出たといえるのではないだろうか。つまり、時代の変化が「山口組を分裂させる」という不可能を可能にさせたのかもしれない。

 だが、それも今となっては誤算だったといえるのではないか。まず、神戸山口組内でも、主流派といえる山健組による金の吸い上げが問題化した。これに不満を募らせ、3分の1ともいえる勢力が離脱。そして、激しい武力行使が起きないと思われていた時代に、六代目山口組は躊躇することなくそれを選び、神戸山口組内サイドに対して実行に移して見せたのだ。その後も、五代目山健組の一部勢力や“金庫番”といわれるほど強い経済基盤を持つ池田組の離脱など、神戸山口組にとっては想定外の事態が続いた。

「今となって思えば、やはりどれだけ不満があったとしても、盃を割るというのは間違いだったのだろう。やってはいけないことだったのだ。組織が嫌で、もうついていけないというのならば、黙って組織を去るしかない。親分が黒いものも白いといえば、それは白になる。そもそもヤクザ組織なんてものはそうした理不尽な上に存在し、それを受け入れるからこそ強固なのだ。それを、トップが諫言や進言を聞いてくれないことを理由に離脱するなんて、よくよく考えればおかしな話だったんだ。現在の神戸山口組の衰退はなるべくして、そうなったのかもしれない」(業界関係者)

 この先、現実的に神戸山口組が巻き返しを見せることは考えづらい。残すはどういった形でいつ分裂問題に終止符が打たれるかということだけだろう。確かに山口組では5年前に分裂騒動が起きた。だか分裂当初から、神戸山口組にとっては決して勝つことのできない戦いといえたかもしれない。

佐々木拓朗(ささき・たくろう)

アウトロー取材経験ありの元編集者のフリーライター。自身の経験や独自の取材人脈を生かした情報発信を得意とする。

最終更新:2021/01/24 17:19
12

山口組はどうして分裂したのか? 不景気と厳罰化が生み出した「前代未聞の離脱劇」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

板橋大山が再開発事業でさらに変わる!?

 東京都板橋区に位置する大山は下町風情と昭和の...…
写真
インタビュー

EXILE世界が選ぶ2020年最高のアニメ

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗い...
写真