日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > ジャニーズ事務所が所属の“仕事場”を増やす理由

中山優馬準主演にJr.ドラマも決定!ジャニーズがWOWOWと強烈タッグの皮算用

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

 1月17日にスタートした、伊藤英明主演のWOWOWの社会派ドラマ『トッカイ~不良債権特別回収部~』にジャニーズ事務所の中山優馬が2番手で出演している。

 中山といえば、2013年まで男性アイドルグループ・NYCのメンバーとしても活動。グループとして紅白に4度の出場歴があるが、現在はソロで活動している。

「NYCは、現在はHey!Say JUMPに専念している山田涼介と知念侑李がメンバーで、3人の頭文字を取って名付けられたグループ。3人のうち、中山は亡くなったジャニー喜多川さんの特別なお気に入りで、紅白へ出場できたのも特例だった」(テレビ局関係者)

 事務所のプッシュのおかげもあって、ソロ活動ではドラマ・映画・舞台と俳優活動を行ってきたものの、あまり目立った実績はなかった。

「WOWOWは今月からオンデマンド事業に力を入れ、独自のコンテンツをさらに増やす方針に転換。そのため『トッカイ』が放送されているドラマ枠『連続ドラマW』では、異例の全12話で、予算も潤沢。それを聞き付けたジャニーズが猛烈に売り込んだこともあり、中山の起用が決まったようだ」(同)

 WOWOWでは3月21日から、ジャニーズJr.内のユニット・少年忍者の12人がドラマ初主演をつとめる、日本が誇る文豪たちの傑作小説群を新規に解釈した1話完結のオムニバスドラマ『WOWOWオリジナルドラマ 文豪少年!~ジャニーズJr.で名作を読み解いた~』がスタート。

 同局との関係を深めているようだが、それには事情があるようだ。

「ジャニーズ事務所は2023年からジャニーズJr.の“22歳定年制”を導入することを発表。そのため、Jr.たちにどんど“仕事場”を与えて才能を見極める必要がある。それに加え、嵐の活動休止で売り上げダウンは確実。中山のようにすでに名前が売れている所属タレントは、個々の売り上げを増やす必要があるので、WOWOWなどBS局、CS局、さらには地方局にもどんどん営業をかける方針のようだ」(芸能記者)

 いずれにせよ、特にJr.たちにはこれまで以上にチャンスが与えられることになりそうだ。

最終更新:2021/01/29 19:00

中山優馬準主演にJr.ドラマも決定!ジャニーズがWOWOWと強烈タッグの皮算用のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

「異色のコラボ」カップ麺3選択

 世の中には、ファッションや音楽など、コラボ商...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

 大塚康生、高畑勲、宮崎駿、幾原邦彦、細田守といったアニメーターや演出家を輩出し...
写真