日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 陣内智則のモテテクに視聴者感心

『アメトーーク!』陣内智則のモテテクニックが明らかになり視聴者が感心「ナチュラルに…」

文=日刊サイゾー

『アメトーーク!』テレビ朝日公式サイトより

 1月28日の『アメトーーク!』(テレビ朝日系)でトークテーマのない「立ちトーーク」が放送され、お笑い芸人の陣内智則のモテテクニックが話題になっている。

 きっかけとなったのは、お笑いコンビ・アンタッチャブル山崎弘也が切り出した「陣内さんってやっぱ女の子にモテる人だなって思った」という指摘。その考えに至ったエピソードとして披露されたのは、お笑いタレントの宮川大輔と山崎がプロゴルファーの渋野日向子選手について話している際、陣内が入ってきて、「えっ? 日向子ちゃん? どうだった?」と、“日向子ちゃん”呼びをしてきたという。

 この暴露に陣内は「いやいや、別にええやん。別によくない?」と苦笑いしていたが、陣内は渋野選手と知り合いでもなんでもないとのこと。MCの雨上がり決死隊・蛍原徹も「渋野選手は、渋野選手か渋野かシブコ」と指摘。山崎は「いや、だから俺、もう1回浮気すると思いますよ!」と鋭い目線で陣内を断じ、「男からすると『えっ?』って思うんだけど、女の子とかはすごいうれしいと思うんですよ」と分析していた。

 さらに陣内は女優でも下の名前に「ちゃん」をつけて呼ぶといい、女優の長澤まさみに会ったとしても、「『長澤さん』って言うより『まさみちゃん』って言った方がなんか話が……」とスムーズに話すために下の名前で呼ぶと告白。これを聞き、出演者の出川哲朗もこの陣内の行動に「そこが浮気できるかできないか!」と名前呼びができる人間は浮気できる人だと指摘していた。

 このエピソードに視聴者からは、「ナチュラルにモテ行動が出てるのか」「なんでモテるんだろうと思ってたけどそういうことね」「女性に対する気遣いとかすごいんだろうな」という声が集まっていた。

「陣内といえば、芸人界きってのモテ男。清潔感はあるものの、端正な顔立ちとまでは言えないため、なぜモテるのか疑問に感じていた人も多かったようです。しかし、この日の放送で女性との距離の詰め方がうまいことが判明。男性視聴者からは感心の声も上がっていました」(芸能ライター)

 2017年に再婚を果たした陣内。今後スキャンダルが出ないことを願う。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/01 10:00

『アメトーーク!』陣内智則のモテテクニックが明らかになり視聴者が感心「ナチュラルに…」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載
インタビュー

【再掲】下ネタ大好きでも不潔なネタは嫌い…キングオブコント最下位でもオファー殺到の『空気階段』による“コントの作り方”

 今年、多くのテレビ番組に出演し、『キングオブコント』でも決勝へと駒を進めた空気階段...
写真