日刊サイゾー トップ > 芸能  > K-POPを席巻する90'sリバイバル

RAIN(ピ)とJYPの質実剛健なニュージャックスウィング! NCT127の新曲と比較して「90’sリバイバル」を考える

文=宮崎敬太(みやざき・けいた)

RAIN(ピ)とJYPの質実剛健なニュージャックスウィング! NCT127の新曲と比較して「90sリバイバル」を考えるの画像1
First Love 配信サイトより

 みなさん1月27日(“127”ですよ!)に公開されたNCT127の新曲「First Love」はもう聴かれましたか? サウンド的には昨年発表された傑作アルバム『NEO ZONE』の流れを汲んだ1990年代前半を思い起こさせるミッドテンポのR&Bでしたね。

 前半で印象的なのはノーティ・バイ・ネイチャーの「Hip Hop Hooray」をオマージュした「ヘーイ・ホーウ」という掛け声。後半はスヌープ・ドッグの1stアルバム『Doggystyle』を彷彿させるピーヒャラと鳴り響くG・ファンクなシンセサイザー。どちらも1990年代前半のヒップホップクラシックです。

 面白いなと思ったのは、この曲は90年代アメリカの東海岸と西海岸のアイコニックなエレメントを合体させたこと。アメリカは国土が超絶広いので一口にヒップホップと言っても、実は地域によって鳴らす音が全然違います。土地の特徴が反映されちゃうんですね。

 ヒップホップが生まれたニューヨークはアメリカの北で東海岸側。ノーティ・バイ・ネイチャーはニュージャージーのグループだけどニューヨークのトミーボーイから作品をリリースしていました。「Hip Hop Hooray」は当時、ヒップホップという枠を超えてヒットしました。当時ロックしか聴いてなかった僕ですら「ヘーイ・ホーウ」は知ってた。

RAIN(ピ)とJYPの質実剛健なニュージャックスウィング! NCT127の新曲と比較して「90sリバイバル」を考えるの画像2
スヌープ・ドッグ『Doggystyle』(Death Row Koch)

 NYはビルが乱立する大都会。クールでスタイリッシュな感じがする。一方のLAは南の西海岸側。NYとは対角線の反対に位置しています。あたたかくて、家も道も何もかもがとにかくデカくてゆったりしてる。そういう街の雰囲気は当然サウンドにも影響されます。『Doggystyle』をリリースしたデスロウはLAを拠点にしていました。この作品をプロデュースしたのはドクター・ドレ。彼はヒップホップ以前にLAのディスコシーンで活躍していたため、サウンドにファンクやソウルがある。だからG・ファンクには生楽器っぽい音の質感がある。ちなみに、彼はのちにヘッドフォンブランド「Beats by Dr.Dre」を設立。会社をAppleに売却してビリオネアになりました。

 はっきり言って当時の東と西はヒップホップ的にむちゃくちゃ仲が悪かった。それを知ってる世代からすると1曲の展開の中で東と西が混在している「First Love」はあり得ない。この曲があと数年早く出てたら、僕も「節操なさすぎ!」って思っちゃったかも。けど時代はすっかり進んで、音楽において、歴史はただのテキストになり、素晴らしい音はすべてサンプリングのソースになりました。

 2010年代はダブステップ~EDMに代表されるハイファイな音が主流でした。そこからトラップに派生して、それがヒップホップのオーソドックスになった。そこがデジタルネイティブ世代の青春だとしたら、そろそろ新しい音を追求したくなる。そこで今新鮮なのがレコードからサンプリングして曲作りをしていた90年代の柔らかい鳴りなのだと思います。ハイファイからローファイへといったところでしょうか。「First Love」がEDMから派生したムーンバートンに始まり、G・ファンクで終わる展開はまさに現代の気分なのかと思いました。

 そう思えるようになったのが、みんな大好きJYPことパク・ジニョン大先生が、盟友である後輩のRAIN(ピ)へ13年ぶりに楽曲提供した「Switch to me(duet with JYP)」のMVを観てから。何はともあれ、まずはMVを。必ず字幕付きでご覧ください。

12

RAIN(ピ)とJYPの質実剛健なニュージャックスウィング! NCT127の新曲と比較して「90’sリバイバル」を考えるのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

夫婦の不思議を知るU-NEXT配信映画3本

 事実は小説より奇なりーー。そんなことわざが...…
写真
インタビュー

鉄道で迫ったシベリア抑留の真実

 『桶川ストーカー殺人事件』『殺人犯はそこにいる』(新潮文庫)、『「南京事件」を調査...
写真