日刊サイゾー トップ > 連載・コラム > みやーんZZの「Radio Edit」  > 星野源、ジェンダーやセクシュアリティに持論
みやーんZZの「Radio Edit」vol.1

星野源、ジェンダーやセクシュアリティについて持論を告白、名曲『ばらばら』にもつながる想い

文=みやーんzz(みやーん・だぶるぜーた)

星野源、ジェンダーやセクシュアリティについて持論を告白、名曲『ばらばら』にもつながる想いの画像1
GettyImagesより

 はじめまして。ラジオ書き起こし職人のみやーんZZです。

 毎日、ひたすらラジオばかり聞いている僕が興味深いと感じたエピソードをご紹介する連載がスタートします。毎週1回、更新していく予定ですので、よろしくお願いします。

 さて今回、ご紹介するのは2021年1月26日放送、ニッポン放送『星野源のオールナイトニッポン』の中での星野源さんのトーク。星野源さんがジェンダーとセクシュアリティについて話していた部分です。

 21年1月1日にNHKで放送された『あたらしいテレビ2021』にコメント出演した際、おすすめコンテンツとしてNetflixのドキュメンタリー『トランスジェンダーとハリウッド 過去、現在、そして』を紹介した星野源さん。

『トランスジェンダーとハリウッド 過去、現在、そして』予告 

 リスナーからのメールを紹介しながら、その内容に触れていきます。

 トランスジェンダーの人々がハリウッド映画の中でどのように描かれてきたのか? 当事者の方のインタビューや様々な作品の映像を引用しながらその歴史を振り返るこの作品を見て、星野源さんはカルチャーショックを受け、「見る前と見た後では世の中が違って見える」体験をしたと話します。

 この作品を見た後も、本を読むなどジェンダーやセクシュアリティについての勉強を続けた星野さんは「ダ・ヴィンチ」(KADOKAWA)のインタビューの中で自分自身を「僕はシスジェンダーでヘテロセクシュアルですが……」と表現します。

 シスジェンダーとは、生まれた際の性と自分の性同一性が一致しているもの。ヘテロセクシュアルは異性愛であること。

 元々「ストレート」という表現に違和感を感じていた星野さんは知識を深めることで「『ストレート』とは違う表現があるんだ。これがいいや!」と思い、そのように話したのだそうです。

  さらに出演したドラマ『MIU404』(TBS)に登場した、りょうさん演じるコスプレイヤーで弁護士のジュリさんという役に「アセクシュアル」という設定があったことなどを紹介しながら、「世の中にはいろんな人がいる。その人それぞれがそのまま、いろんな状態のままでいていい世の中が、自分には心地よい。『こういう状態でなければならない』という世の中は自分にとっては辛い」と話す星野さん。

 あくまでも自分にとって楽で心地よいからこそ、「シスジェンダーでヘテロセクシュアル」という表現を使ったのだと明かします。

 星野源さんの楽曲『ばらばら』の「世界はひとつじゃない ああ、そのまま ばらばらのまま 世界はひとつになれない そのままどこかへいこう」という歌詞をも想起させるこのトーク。

 ジェンダーやセクシュアリティの多様性について「世の中や世界の流れがこうだから、多様性を認めなければならない」と話すのではなく、自身が勉強して考え、「自分はその方が楽だからそうしている」と自分の言葉で紹介する星野さんのやり方は、押しつけがましさが全くありません。だからこそ、多くの人にとって受け入れやすいのだと思います。

 僕も星野さんのお話を聞いてNetflixで見てみましたが、これまでに漠然と理解していた部分が整理できて、とてもいい体験となりました。非常に多くのことを考えさせられる素晴らしい作品なので、ぜひこの機会に『トランスジェンダーとハリウッド 過去、現在、そして』もチェックされることをおすすめします!

 

 

みやーんzz(みやーん・だぶるぜーた)

みやーんzz(みやーん・だぶるぜーた)

2011年頃から趣味でラジオの書き起こしをスタート。記事は自身のサイト「miyearnZZ Labo」にて随時更新中。

記事一覧

Twitter:@miyearnzz

Instagram:@miyearnzzlabo

miyearnZZ Labo

最終更新:2021/02/03 18:00

星野源、ジェンダーやセクシュアリティについて持論を告白、名曲『ばらばら』にもつながる想いのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

『青天を衝け』黒船来航のウラ話!

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

Kダブが語るトランプと共和党論

 トランプ支持を表明するケーダブシャインは、バイデンをどう評価しているのか。また...
写真