日刊サイゾー トップ > 芸能  > 勝地涼が前田敦子にDV報道

勝地涼が前田敦子にDV報道!「予兆あった」イメージダウン必至で離婚後は仕事が激減か

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

勝地涼が前田敦子にDV報道!「予兆あった」イメージダウン必至で離婚後は仕事が激減かの画像1
勝地涼(Getty Images)

 2018年に結婚した前田敦子と勝地涼だが、このほど離婚報道が飛び出した。2020年春頃から別居が始まったといい、所属事務所は「双方が弁護士を立てていることは事実」と認めている状態だ。

 そんな中、「女性セブン」(2月18日・25日号/小学館)が2人の離婚の原因について、勝地側にDVがあったのではないかと報じている。記事によると、19年の5月頃に前田は足の靱帯を損傷し、映画のイベントなどを欠席していたが、「家事の最中に傷めた」と説明していた。しかし、これが夫婦げんかの末に勝地が前田を突き飛ばし、骨折したのが真相だったというのだ。

「当時、この報道の直後には『週刊文春』(文藝春秋)に、異様な夫婦げんか姿をキャッチされていました。前田が乗る車椅子を勝地が押しながら散歩していたところ、前田は突如として激昂し、怪我をした脚を引きずりながら走り出した挙げ句、路上に倒れ込み、勝地を睨みつける……という不穏なシーンを、写真付きで報じられたんですよ。業界内では2人はもう“修復不可能”だと見られていました。夏には芸能マスコミ界隈にも“離婚は確定”という話が出回り、バラエティ番組でのイニシャルトークでも暴露されていましたね」(芸能記者)

 さらに昨年、勝地が出演したテレビ番組でもちょっとした“予兆”があったという。

「とある番組に出演した際、事前に勝地サイドから夫婦関係の話はしない方向でという要望があったといいます。しかし、司会者は“それじゃ勝地のイメージアップに繋がらない”と気を利かせて前田の話を振ったんですよ。しかし勝地はどうもうまく答えられなかったようで(苦笑)。なんだか顔色がよくないと視聴者からも指摘されていたくらい。今思えば、仕事だとしても取り繕えないほど関係が悪化してしまっていたんでしょうね」(テレビ局関係者)

 離婚はほぼ100%決定的だと言えそうだが、気になるのは離婚後の2人の仕事がどうなるかだ。「DV報道」が出た今、勝地のほうが形勢不利のように見えるが……。

「正直、2人を知る人たちは喧嘩両成敗だと見ていますよ。正直、前田の気性の荒さも尋常じゃなかったし、勝地に同情する関係者もいます。しかし“DVをした”という報道が出ちゃうと、世間はそういうイメージで勝地のことを見るでしょうし、これは手痛い。勝地は実力派の名バイプレイヤーではあるのですが、30代のこの枠は良い俳優が多く、すでにパイの奪い合いになっている。DVとなると女性視聴者のイメージがよくないし『わざわざ勝地を使わなくても』という空気になりそう。一方で前田は独立したばかりですし、そこまでオファーは来てないようですが、女優は“バツ”がついて箔がつく方も多いので逆に需要が増えるかも。ただ、これ以上2人のいざこざに関する報道が続くようだと、どちらにもメリットはない。さっさと離婚を発表しちゃったほうがお互いのためでしょうね」(大手芸能事務所関係者)

 夫婦間で何があったのかは当人たちしか知り得ないことだが、“イメージ”が重要視される仕事柄、今回の離婚騒動は勝地の向かい風になってしまいそうだ。

最終更新:2021/02/05 08:00

勝地涼が前田敦子にDV報道!「予兆あった」イメージダウン必至で離婚後は仕事が激減かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

『青天を衝け』黒船来航のウラ話!

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

異色の警察小説大賞の著者に聞く

 新人警官が仮配置された派出所は、警邏(けいら)にも出ない、呼集にも応じない、すべて...
写真