日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > AKB48グループ  > 前田敦子、フリーになり仕事激減か

“フリーの先輩”満島ひかりに憧れる前田敦子 業界内では「仕事が激減する」との評価

文=日刊サイゾー

フリーの先輩満島ひかりに憧れる前田敦子 業界内では「仕事が激減する」との評価の画像1
前田敦子 

 2020年12月31日をもって所属していた太田プロダクションを退社し、フリーとなった元AKB48の前田敦子。1月5日発売の『女性セブン』(小学館)では、同じくフリーで活動する女優・満島ひかりのスタッフにサポートを依頼したと報じられている。

「退社してフリーになったからと言って、完全に本人だけで活動できるわけがない。制作サイドとの交渉やスケジュール調整のために、専門的なスタッフが必要です。前田さんとしては、経験豊富な満島さんのスタッフに助けてもらうことで、今後の女優活動を軌道にのせたいと目論んでいるのでしょう」(芸能事務所関係者)

 前田にとって満島は目標とすべき存在なのかもしれないが、業界内ではそこに不安材料があるとの声も。

「満島さんは、独立したことで仕事が一気に減ってしまったんです。それは単純に“干された”ということではなく、むしろ満島さんのほうがオファーを断っているんです。

 満島さんは、かなりこだわりが強くて、脚本が気に入らないと仕事を受けない。女優としてはそういったこだわりも必要ですが、オファーをしている制作サイドにしてみれば“使いにくい”“面倒くさい”“生意気だ”といった印象になることも多い。満島さんはたしかに女優としての評価は高いものの、日本を代表するトップ女優ではないですから。どちらかといえば、どんな汚れ役でもやってくれるから重宝されていたという部分も大きい。にもかかわらず、仕事を選んでいるとなると、制作サイドも“それなら使わなくていいか”となっているんです。前田さんも満島さんのようなスタンスで活動をするならば、仕事は激減する可能性もあります」(同)

 ドラマ・映画業界における前田敦子の評価は必ずしも高いわけではない。

12

“フリーの先輩”満島ひかりに憧れる前田敦子 業界内では「仕事が激減する」との評価のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

Creepy NutsのR-指定が痛風に…

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

高畑勲、宮崎駿も闘った東映動画労使対立の真相

 大塚康生、高畑勲、宮崎駿、幾原邦彦、細田守といったアニメーターや演出家を輩出し...
写真