日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 加藤浩次、アプリ勧めたことを謝罪

『スッキリ』加藤浩次、機能していなかった接触確認アプリCOCOAを勧めたことを謝罪

文=日刊サイゾー

『スッキリ』日本テレビ公式サイトより

 2月3日、田村憲久厚労相は、厚生労働省が昨年から提供している新型コロナウイルスの接触確認アプリ「COCOA」のAndroid版について不具合があったと認めた。「COCOA」のアプリをスマートフォンにインストールしていれば、新型コロナ陽性者と1メートル以内の距離に15分以上いた場合、“接触通知”がくる仕組みだったが、Android版においては昨年9月末から実質機能していなかったという。

 4日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)で、この問題を取り上げると、経営コンサルタントの坂口孝則氏は「たぶん、システムの運営管理者っていると思うんですけど、ずっと0になってるの毎日見てたと思うんですよ」「たぶん官僚の人に相談してると思うんですよ。で、わざと陽性者反応を登録して実験してみて『ほんとに(通知が)こない』って気づいたと思うんですよ」と、あくまで想像の話しとしたうえで持論を展開。「9月から作動してなかったってことですけど、そんなバカじゃなかったら気づくと思うんですよ」と苦言を呈した。

 そして、MCを務める極楽とんぼ・加藤浩次は「登録してください。接触確認アプリ、みんな登録したほうが感染を抑えられるんですよ」と、以前からコロナ対策として「COCOA」の登録・利用を勧めていたことについて「視聴者の方、これは本当に申し訳ない」と謝罪。「これ、9月から動いてないんだもんね?Androidに関して」と、不具合が発生してから数ヵ月も放置されていたことにあ然としていた。

 さらに、坂口氏が「今から修正したとしても、再度インストトールしてもらうっていう信頼性を得るのは相当難しいんじゃないでしょうか」と指摘すると、加藤は「だから、こういうことがあった場合って、いつ分かったかって坂口さんの推測ですけど……ちょっと(不具合が)わかった時点ですぐ言わないとって感じですよね。う~ん」と顔をしかめていた。

「COCOAの不具合に関しては、世間からも怒りの声があがっています。さらに、政府が推進したアプリを勧めたことで、加藤が謝罪しなければならなくなったことについても、視聴者からは『加藤さん 悪くないのに、視聴者さん 申し訳ない。って、COCOA インストールを番組で勧めたからって理由でわざわざ謝罪してくれてる』『感染しないように頑張ってきたAndroidユーザーに失礼でしょう。スッキリで加藤さんも謝らせて……事の重大さを分かって欲しいです』と同情の声が寄せられていました」(芸能ライター)

 不具合が発生するのは仕方がないが、ずさんな管理体制には「動作確認を怠っていた」「不具合を見逃していた」と批判されても仕方がないのではないだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/05 09:00

『スッキリ』加藤浩次、機能していなかった接触確認アプリCOCOAを勧めたことを謝罪のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

「クリティカル・クリティーク 」気鋭の文筆家によるカルチャー時評

フィメール・ラッパーをはじめ、さまざまなカルチャーにまつわる論考を執筆気鋭の文筆家・つやちゃんによるカルチャー時評
写真
特集

宇多田ヒカル「First Love」とアジアの“青春”

 私たちの“青春”は、何度でもリプレイされ続ける。  Netflixにて全世界独占配信中のオリジナルドラマシリーズ『First Love 初恋』...…
写真
人気連載

「どん兵衛」と「赤いきつね」が共謀?

 今回は、和風カップ麺ブランドの2大巨頭であ...…
写真
UPCOMING

クリエイティブな次世代モデル・MONICA

 アップカミングなあの人にインタビューする連載「あぷ噛む」。第1回目は、モデルのMONICAにインタビュー。11月とは思えないほど暖かいある日の昼...…
写真