日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 大黒摩季、ZARD坂井と親交

大黒摩季、ZARD・坂井泉水との親交エピソード告白で大反響「仲良しだったなんて…」

文=日刊サイゾー

『スッキリ』日本テレビ公式サイトより

 2月9日放送の『スッキリ』(日本テレビ系)内のコーナー「クイズッス」に、歌手の大黒摩季が出演。『ZARD』坂井泉水さん(享年40)とのエピソードについて語った。

 6日は、ZARD30周年を記念した配信イベントが行われ、ゆかりのある人物として大黒も出演。坂井さんとはデビュー前から親交があり、坂井さんのデビュー曲『Good-bye My Loneliness』の「仮歌」と「コーラス」を担当したのが大黒だったという。これに、MCを務める極楽とんぼ・加藤浩次は「えっ、そうなんだ!」と驚きの表情を見せた。

 約30年前、仮歌を歌いに行ったときに坂井さんがあいさつに来てくれたのが初対面だったといい「ミュージシャンの界隈では見たことがないキラキラと潤いがある……ライスシャワーが振ってきたみたいなキラキラだったのを覚えています」と振り返った。

 そこから、大黒は坂井さんのコーラスを担当するようになり「かわいがっていただいた」と回顧。さらに、「坂井さんだと遠いから」と言われ「泉水ちゃん」と呼ぶようになったと明かした。

 また、当時の坂井さんは、かなりの売れっ子。そのため徹底的にスケジュールが管理されており、プライベートな時間がまったくなかったことから、大黒に「脱走の手伝い」をさせていたという。「ねぇ、摩季ちゃん。髪ゴム一緒に買いに行かない?」と誘ってきて、「髪ゴムなんてマネージャーに買ってきてもらえばいいじゃない」「買ってきますよ、私」と伝えるものの、「一緒に選びたいの」とお願いされ、一緒に抜け出していたというエピソードを懐かしそうに語った。

 ある時スタジオに何日も泊まらないといけない日があり、着替えを買いに行く大黒が真夜中に坂井さんを連れ出した際は、スタッフから「夜中にお前は、坂井をなんで連れ歩いてるんだ!」と怒られたそう。「バレると必ず私だけ怒られた」と、楽しそうに語った。

「これに、加藤は『(坂井さんにとって)摩季ねぇが息抜きになってたんだね』とコメント。視聴者からも『摩季姉さんと坂井さんのエピソードすごいなぁ』『大黒摩季さんとZARDの坂井さんの関係めちゃいいな』『坂井泉水と大黒摩季が仲良しだったなんて、知らなかったぁ~』などの好意的な声が集まっていました」(芸能ライター)

 デビュー30周年を迎えてもなお、色あせない『ZARD』の楽曲。ファンにとっても懐かしい記憶がよみがえってきたのではないだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/10 06:00

大黒摩季、ZARD・坂井泉水との親交エピソード告白で大反響「仲良しだったなんて…」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

大物芸人がコロナ禍で「引退状態」!?

 緊急事態宣言の延長で、各業界の苦境が伝えられ...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真