日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 坂上忍、五輪可否で専門家とバトル

坂上忍、五輪開催可否で専門家とバトル…元JOC春日氏も曖昧回答で不満爆発! 延長戦突入か?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

坂上忍、五輪開催可否で専門家とバトル…元JOC春日氏も曖昧回答で不満爆発! 延長戦突入か?の画像1
今回ばかりは共感の声も?

 10日放送のフジテレビ『バイキングMORE』で東京オリンピック開催可否をめぐってMCの坂上忍と元JOC参事の春日良一氏の議論が白熱した。

 おぎやはぎの矢作兼はオリンピック開催について「普通に考えてやるやるって言うけどできる? って。一番最初に思っちゃう。実際(ワクチンが)日本にも遅れてくるし、7月までに物理的に考えて無理でしょ」と素直な感想を述べた。

 おぎやはぎの小木博明も「中止っていうか延期ですよね、ロスの後ぐらいにできればいいなと思いますし、物理的にちょっと無理なんだと思う。やったとしても100%の選手が集まるわけではないし、他の来られない国も半分くらいいるかもしれない」と、完璧な状態で出来ないなら延期すべきだと主張した。

 坂上は「僕は(24年開催の)パリのところに東京持ってきて1個づつずらしてくれたら嬉しいな。最悪は32年なのかなっていう。素人の希望ですよ」と延期という立場を取った。

 この問題について坂上は「さあ! お待たせしました! 春日さん!」と春日氏にコメントを求めた。春日氏は「特に待ってませんけど」と笑顔で答えたが「ただ、じゃあなんで東京でやる必要があるんですか? 延ばしてまで」と指摘した。

 ここでスタジオの雰囲気は一転して静まりかえると春日氏は再度「なぜ2024年までにやらなきゃいけないんですか」と質問。

 坂上は表情を硬くして低い声で「いや、やらなきゃいけないんですかじゃなくて、やって欲しいから言ってるんです」と反論した。

 春日氏は「今やりたくない訳ですよ。我々は。2020年のオリンピックをやろうとしたけどそれは無理だってなって21年に延ばしてもらいました。これはオリンピックにとって例外中の例外だったんです」と今までの経緯を説明。続けて「“じゃあ2021年やってください、東京で是非”って言ったときに、“やりません。できません。コロナで大変です。経済も大変ですからできません。だけど私たちはやりたいんです、2024年に”っていうのは、これ我が儘でしかなくないですか?」と疑問を投げかけた。

 坂上は「いや、そこら辺の判断は……」と反論しかけたが春日氏がそれを遮り「つまりですね東京から考えるのかオリンピックから考えるのかそこら辺の視点も必要だってことを言いたい訳です」と質問の意図を説明した。

 坂上が「最終的な判断はどこがすんの?」と聞くと、春日氏は「最終的にはIOCでなりますけど」と返答。坂上はすかさず「でしょ!」と返し、東京の我が儘ではないという主張。春日氏は「ただ、その前に、IOCが判断するっていうのは東京ができませんって言って、返上しましたってなったら、受けるしかないっていう状態ですよね」と加えて説明。

 ここで坂上はイライラが抑えられなかったのか「だったら!」と声を荒らげ「不完全な状態でも“いや順番なんだからやるだけやりゃーいいじゃん”って感じ?」と雑に春日氏の主張を代弁してみせた。

 春日氏が「選手にとってみれば2024年にやった時点で、東京でやろうがパリでやろうがオリンピックがあれば同じです。オリンピックやる事と開催都市と年っていうのはセットなんです。これで受けてるから意味があって、そこに努力するから意味があって」と選手側の目線で主張すると、しかめっ面で聞いていた坂上は「あの春日さん、いつも意味があるって。そりゃオリンピックって歴史があって大層なものなのかもしれないけどオリンピックを全肯定してる人ばっかりじゃなくて、意味があるないじゃなくて、ちゃんと物理的にできるのかできないのか100%の状態でできるのかできないのか、そもそもコロナ禍に置いて命の重さとオリンピックをどうバランスをとって開催していくっていうところの方がオリンピックの意味合いよりもよっぽど大事だと思いますよ!」と早口でまくし立てた。

 春日氏が「意味が無ければ努力しなくてもいい訳だから。っていう意味なんです。オリンピックの価値があるから努力しましょうってことを言いたい」と反論すると、坂上は首を大きくひねり納得できないよう様子を見せていた。

12

坂上忍、五輪開催可否で専門家とバトル…元JOC春日氏も曖昧回答で不満爆発! 延長戦突入か?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

注目作が目白押しの秋ドラマ

大作、話題作、ダークホース……注目作が目白押しの秋ドラマをチェック!
写真
人気連載

西郷隆盛の“不思議ちゃん”な行動の意図

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

"おひとりさま"にやさしい7人組・BOCCHI。

 デビューライブには100人のファンが集まったのに、次のライブの物販に並んだのは4人...
写真