日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > Eテレが“宗教2聖”のタブーに挑戦

Eテレがタブーに挑戦!「親が熱心な信者」で選択の余地がない“宗教2世”の闇

文=藤井利男(ふじい・としお)

Eテレがタブーに挑戦!「親が熱心な信者」で選択の余地がない宗教2世の闇の画像1
画像はイメージ

 取り上げたくてもなかなか取り上げにくいテーマを、NHK Eテレが取り上げた。

 近年、重大な社会問題として大きな関心が払われている「虐待」。厚生労働省のまとめによると、2019年度に児童相談所が虐待で対応した件数は19万3780件に上り、前年度より2割以上増えて、過去最多を記録した。

 ワイドショーではしばしば、目を覆いたくなるような凄絶な虐待事件が報じられるが、虐待と一口に言っても、暴力・暴言・育児拒否・性的虐待・経済的虐待など、“やり口”は色々。その中でもほとんど報じられることがないのが、親が特定の宗教に帰依しているケースだ。信教について選択の余地を与えないのも、時と場合によっては虐待のようなもの。この「宗教2世」を、Eテレの『ハートネットTV』が取り上げた。

「『宗教2世』というのは、あまり聞き慣れない単語ですが、昨年公開された芦田愛菜主演の映画『星の子』は、まさに宗教2世がテーマの作品でした。同作は、芦田が演じる“ちひろ”の両親が娘の病気をきっかけに新興宗教にハマり、一家が崩壊していく過程を描いたもの。芦田は親を愛しながらも、自我に目覚め葛藤する少女を熱演しています。

 番組には、宗教2世や、我が子を宗教2世にしてしまった親が登場。宗教名こそ伏せられていましたが、“親と一緒に布教活動”“学校行事は参加禁止”“輸血拒否”“内部の男女でしか結婚できないのが教義の肝”など、見る人が見ればどの宗教なのか一発で分かる内容でした」(フリーのジャーナリスト)

 日本には信教の自由があり、他人が踏み込む領域ではないが、親の言うままに特定の宗教に帰依する子どもが周囲から浮き、戸惑いながら学校生活を送る光景は容易に想像できる。番組に出演した宗教2世の声は重かった。

「これまでなかなか脚光を浴びることがなかった宗教2世たちですが、彼らは『こんな生活が永遠に続くなんて耐えられない』『自分を殺して生きてきた』『友達と仲良くしたかった。恋愛もしたかった』『親が死んだ時、ちょっと安堵した』と、心情を告白し、元・信者の親も『子どもの人生を狂わせた』と、語りました。社会が各家庭の子育てに口を挟むのはなかなか難しいでしょうが、専門家の『“信じない自由”を認めるべき』『虐待と何が違うのか』という問いかけは重い。具体的な支援策は急務でしょう」(同上)

12

Eテレがタブーに挑戦!「親が熱心な信者」で選択の余地がない“宗教2世”の闇のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載

大物芸人がコロナ禍で「引退状態」!?

 緊急事態宣言の延長で、各業界の苦境が伝えられ...…
写真
インタビュー

本性としての暴力と協力(後編)

――人間はどこから来たのか 人間は何者か 人間はどこに行くのか――。最先端の知見を有...
写真