日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > すゑひろがりず、マヂラブのイレギュラーな介入

すゑひろがりず、マヂラブも ブレイクの前に喰らったイレギュラーな介入

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

【完成】すゑひろがりず、マヂラブも ブレイクの前に喰らったイレギュラーな介入の画像1
吉本興業公式サイトより

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(2月14~20日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

すゑひろがりず・南條「アレが1個のターニングポイント」

 新しいものを作ろうと計画して出来上がったものは、本当の意味で新しいものなのか。イノベーションは意図的に引き起こせるものなのか。大げさにいえばそんなことを考えさせる言葉を先週、いくつか聞いた。

 たとえば、18日の『やすとものいたって真剣です』(朝日放送)に出演していたすゑひろがりずの言葉。その日は伝統芸能をモチーフにした和風の漫才師である彼ららしく、東海道五十三次の宿場町をドライブするという企画をやっていた。

 で、旅の道すがら、鶴の置物のようなものを見つけた2人は、自分たちが今のコンビ名になったきっかけを話し始めた。

 2人がまだ「みなみのしま」というコンビ名で活動していた頃のこと。関西のベテラン漫才師、宮川大助・花子の花子に「あんたら『こりゃめでてーな』って、いい芸風でええ名前やな」と間違えられたらしい(「こりゃめでてーな」は実際にいる別のコンビ)。で、誤りを指摘すると花子は「そんなんアカンやないの! めでたい名前つけんと!」と激昂し、こりゃめでてーなを呼び出して「名前をあげなさい」と無茶なことを言い始めたのだとか。

 困った2人は大助に相談。すると大助は、「こりゃめでてーな? 『めでてー』言うたら鶴は千年、亀は万年いう話があってやな、亀は9000年、鶴より長生きするからさみしがっとるっちゅう話があってやなぁ」とキテレツなよもやま話を展開。2人は「はい」と言うしかなかったという。

 ただ、この出来事がひとつのきっかけとなり、2人はすゑひろがりずに改名。試行錯誤の後に、名前に見合った現在のおめでたい芸風にたどり着いた。

「ホンマにそれがよかった。アカンって言われてましたからね、みなみのしま。アレが1個のターニングポイント」

 南條はそう振り返る。南條と三島という名前から1文字ずつとった「みなみのしま」というコンビ名ではうまくいかず、大助・花子のぶっ飛んだ助言でつけた名前できっかけを掴む。

 自分たちの延長線上では行き詰まり、外からの予期しない介入でうまく転がり始めるというのは、なんだか示唆に富む。すゑひろがりずだけに、現代の昔話かもしれない。だとしたら、めでたしめでたし。

12

すゑひろがりず、マヂラブも ブレイクの前に喰らったイレギュラーな介入のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

『わたしの星』がU-NEXTで配信!

 殺人的な暑さが続いていますが皆さんはお元気...…
写真
インタビュー

“休業”を経験する芸人2人の語り

 2019年2月から現在まで産休・育休に入っ...…
写真