日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > AKB・坂道系  > 板野友美、再ブレイクへの滑走

板野友美、年下プロ野球選手と結婚で大胆キャラ変! ”再ブレイク”への道を歩めるか

板野友美、年下プロ野球選手と結婚で大胆キャラ変! 再ブレイクへの道を歩めるかの画像1
板野友美(Getty Images)

 これが、あの“ともちん”?──思わずそう呟きたくなるほどの愛想の良さで、板野友美が芸能界の最前線に帰ってきた。

 元AKB48の中心メンバーとして活躍し、卒業後はソロアーティストに転身。ここ数年はメディアの表舞台からやや遠ざかっていたが、21日放送の『行列のできる法律相談所』(日本テレビ系)で、元気な姿を見せた。

「『行列』では、“幸せな人、不幸な人大集合!”と題し、新婚ホヤホヤの板野は当然“幸せな人”としてエピソードトークを披露しました。AKB時代はギャル全開で、タメ口トークや高飛車発言が売りだった板野ですが、久々にテレビで見る板野は終始ニコニコ顔な上、夫の話をする時は常にデレデレで、共演者からも『もっとツンケンしてた』『AKB時代は笑ってなかった』とツッコまれまくっていました」(テレビ情報誌記者)

 板野は先月、ヤクルトスワローズの高橋奎二投手との結婚を発表したばかり。番組では、夫のために作った豪華な料理の写真が披露され、盟友の前田敦子からは「家に遊びに行ったら、2人がキスしている写真が飾ってあった」という暴露も登場した。AKBでは“神7”と呼ばれた板野だが、ここ数年は不遇の時代が続いていた。

「ここ数年の板野は、お世辞にも順調とは言い難い活動ぶりでした。シングルの売り上げは1万枚に遠く届かず、ツアーもキャパが数百人の会場ばかり。ショッピングモールでリリースイベントを開催する“ドサ回り”もやりました。たまに話題になるのは、写真集やSNSでセクシーショットを披露した時か、熱愛情報が出た時くらい。6才年下との野球選手との電撃結婚は、久々のビッグニュースでした」(週刊誌芸能記者)

 過去には人気男性グループの中心メンバーとの交際も噂された板野だが、フタを開けてみればゴールインしたのは無名に近いプロ野球選手。ただ、『行列』で見せた“新・板野”に関係者が寄せる期待は大きい。

「バラエティ番組には“恐妻家”“ギャル”“おバカ”など、色々なポジションがありますが、“おのろけ”は、芸能界でもなかなか成立しないキャラ。鈴木奈々、りゅうちぇる、いしだ壱成などが思い浮かびますが、板野友美なら、これまでの無愛想ぶりを視聴者は覚えていますし、知名度もある。以前とのギャップは面白いでしょう。しばらくはバラエティ番組にハマると思います」(キー局関係者)

 こうなると気になるのは夫の成績。活躍次第では“良き妻”として大ブレイクもあり得るが、昨年最下位のヤクルトの飛躍のカギとなれるのか?

「なにぶんコントロールが悪いのは気になりますが、ダイナミックなフォームから繰り出すストレートはエゲツないほど早く、左腕で最速157kmは日本球界トップクラス。素質は超一級品です。ヤクルトは先発の頭数が足らず、高橋が先発ローテに入る確率は高い。しかも高津臣吾新監督は二軍監督時代から世話になっており、気心も知れています。現時点では年俸1000万円台の選手ですが、“板野友美の夫”と呼ばれなくなる日は意外と早いかもしれません」(フリーの野球ライター)

 元アイドル妻の支えで、今季はマウンドで“ヘビーローテーション”できるかも!?

木村之男(芸能記者、TVウォッチャー)

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

きむら

最終更新:2021/02/24 08:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

松本人志のルーツ

今週の注目記事・1「総力取材 尼崎~心斎橋~...…
写真
イチオシ記事

粗品「審査員をやってあげたい」

 霜降り明星・粗品が、また物議を醸しそうな物言いをしている。  21日にYouTubeの個人チャンネル「粗品のロケ」を更新した粗品。その動画のタイ...…
写真