日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > ドッキリ仕掛け人ゆきぽよに騒然

『水曜日のダウンタウン』ドッキリ仕掛け人のゆきぽよに視聴者が騒然「全然笑えない」

文=日刊サイゾー

『水曜日のダウンタウン』TBS公式サイトより

 2月24日の『水曜日のダウンタウン』(TBS系)で、ドッキリの仕掛け人となったタレントでモデルのゆきぽよ(木村有希)に視聴者から困惑の声が集まっている。

 この日放送されたのは「電話でキレてきた先輩がおかしな姿で登場してもそこには触れられない説」。今回が第2弾となっており、仕掛け人のひとりとしてゆきぽよが登場。後輩ギャルモデルの華(本間華)に対してまず電話で怒り、その後おかしな格好で直接会いに行き、3分間その格好にツッコまれなければ説立証という流れだった。

 ゆきぽよはまず電話で「メシ行った時とかも、前の話だけど、『ぽよさんって痩せたら可愛いのにね』みたいなの言ってきたり、ゆきのこと『唐揚げ』って言ったり『唐揚げ弁当』って言ってきたり」と苦言。この発言に、まずスタジオ出演者のお笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜は「メシ……?」とワイプ越しにツッコミ。MCのダウンタウン浜田雅功も「ご飯って言えよ」と呟いていた。

 華はすぐに「すみません、それはノリでした」と謝ったものの、もちろんドッキリのため、ゆきぽよの怒りは収まらず。「えっマジ本当ナメてる?」とキレ、「まぁいいや、今から行くわ。打ち合わせだかなんだか知らないけど!」と会いに行く宣言。その後、ゆきぽよは「2021」の形をしたパーティーメガネを掛けて後輩の元へ行くこととなった。

 かなりご機嫌な格好になっていたが、ゆきぽよが本当に怒っていると思い込んでいる華は、ゆきぽよの姿を見た瞬間に号泣。ゆきぽよが「泣いて許されると思ってるの?」と詰め寄ると号泣しながら謝っており、スタジオゲストのお笑いタレントのバカリズムは「本当に怖いのかな?」と苦笑いし、ダウンタウン松本人志も「昨日今日築き上げたものじゃないよね」と指摘。結局、3分間後輩からツッコまれることなく説立証となっていた。

 このドッキリに、松本すら最後まで「超怖いよ」と呟いていたが、視聴者からも「これ全然笑えないな」「裏付けされた怖さがある」「この時期に、これはまた好感度落とすな」という声が集まっていた。

「ゆきぽよといえば、2019年に知人男性が彼女の自宅でコカインを使用し、緊急搬送の末に逮捕されていたというスキャンダルが尾を引いている状態。ゆきぽよはあくまでつきまとわれていたと主張しましたが、男性に振り込め詐欺での逮捕歴があること、つきまとわれていたのにも関わらず家に上げていたことから、いまだ好感度は戻らないままとなっています。今回の説はドッキリと分からせないように第1弾が放送された昨年12月23日前に収録しているため、ゆきぽよもキャラ全開で挑んだようですが、それがアダとなってしまったようです」(芸能ライター)

 真剣に挑んだドッキリが、思わぬ形で彼女の本性を露呈したような形になってしまい、足を引っ張ってしまったようだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/26 07:00

『水曜日のダウンタウン』ドッキリ仕掛け人のゆきぽよに視聴者が騒然「全然笑えない」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

くらたまが初のミステリー長編に挑む!

 ダメ男と、ダメ男にばかりハマってしまう女性の姿がリアルに描かれた恋愛エッセイ漫画『...
写真