日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > ゆきぽよ後釜は“ギャル芸人”エルフ荒川か

ゆきぽよ、知人コカイン逮捕報道で仕事激減は必至! 後釜最有力は“ギャル芸人”エルフ荒川

文=日刊サイゾー

ゆきぽよ、知人コカイン逮捕報道で仕事激減は必至! 後釜最有力はギャル芸人エルフ荒川の画像1
『エルフ』荒川(@khkhkhzkより)

 2019年5月に自宅で知人男性がコカインを使用し逮捕されていたことが、『週刊文春』(文藝春秋)に報じられたゆきぽよこと木村有希。ゆきぽよ本人が逮捕されたわけではないものの、知人男性には過去に詐欺での逮捕歴もあり、“反社”との交友が疑われる状況となった。

 その後、その知人男性とは交友を絶ったというが、今後の芸能活動への影響は避けられない。

「ゆきぽよは2月1日発売の『週刊ヤングマガジン』のグラビアに登場する予定でしたが、急遽差し替えになっています。ゆきぽよはコカインの件は知らなかったと説明したが、一方で自宅が“溜まり場”になっていたとも言っていて、正直キナ臭すぎる。いくら弁明しても、イメージ回復はなかなか難しいでしょうし、今後はテレビ番組の出演オファーも激減しそう」(テレビ局関係者)

 バラエティ界における、ゆきぽよのポジションが空きそうだが、そうなれば気になるのはその席を誰が奪うのかだ。

「バラエティ番組のスタッフたちは、すでに次なる“ギャルタレント”のリストアップを始めているようですが、そのなかで有力候補と言われているのが、お笑いコンビ『エルフ』の荒川です」(同)

 エルフは、大阪吉本所属の女性コンビ。結成は2016年で芸歴6年目の若手である。ボケ担当の荒川は金髪のギャルキャラで、TikTokに投稿しているギャル動画も人気だ。今年元日に放送された日本テレビ系『おもしろ荘』にも出演した。

「荒川は、ゆきぽよ、みちょぱのような、若い頃からのガチのギャルではなく、中高時代はマジメで、芸人になってからギャルキャラを始めた“養殖ギャル”です。そのせいもあって、ギャルっぽい雰囲気ではあるんだけど、どこか無理をしている感じもあり、それが初々しくて可愛らさがにじみ出ているんですよね。ヤンキー的な雰囲気が感じられないギャルという意味では、幅広い層にウケるポテンシャルを秘めていると思います」(構成作家)

 また、生粋のギャルではないということが、スタッフへ安心感を与えるという。

「みちょぱにしても、元カレが逮捕された話なんかをよくしていますが、ギャルというとどうしてもヤンキー文化のど真ん中を歩んできたタイプが多い。そうなると、少なからず反社との付き合いがチラついて、コンプラ的な問題が生じる可能性もあるんですよ。でも、エルフ荒川は必ずしもそういうタイプではないので、コンプラ的なリスクが低い。“安心して使えるギャル”として重宝されそうです」(同)

 毎年『おもしろ荘』の出演者の中からブレイク芸人が生まれるが、今年はエルフ荒川が最右翼となりそうだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/02 11:00

ゆきぽよ、知人コカイン逮捕報道で仕事激減は必至! 後釜最有力は“ギャル芸人”エルフ荒川のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ

アイドル・お笑い・ドラマ…ディープなエンタメニュースなら日刊サイゾー

  • facebook
  • twitter
  • feed
イチオシ企画

セブンにファミマ、ローソン…コンビニ飯オススメは?

セブンにファミマ、ローソン、各社が外食チェーン顔負けの新商品を続々投入中。気になる消費を紹介
写真
特集

『旅サラダ』KAT-TUN・中丸を見守りたい

『朝だ!生です旅サラダ』の「発掘!ニッポン なかまる印」リポーター・中丸雄一の奮闘記
写真
人気連載

泉ピン子、どこまでがホントの話?

 昨年4月4日に95歳で亡くなった人気脚本家...…
写真
インタビュー

「Twitterでバズっても…」短歌ブームの裏側

 文芸単行本の初版2000部も当たり前に...…
写真