日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 広瀬すず&櫻井翔に爆死フラグ⁉

広瀬すずの「おばさんパーマ」に疑問も…「既視感設定」櫻井翔の新ドラマに爆死フラグが立ちまくり⁉

文=大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

「おばさんパーマ」「既視感設定」… 広瀬すず&櫻井翔の新ドラマに爆死フラグが立ちまくり⁉の画像1
日本テレビ『ネメシス』公式サイトより

 広瀬すずと嵐・櫻井翔が4月スタートのドラマ『ネメシス』(日本テレビ系)にW主演することがわかった。

 同ドラマは、広瀬演じる天才助手と櫻井演じるポンコツ探偵による凸凹バディが難事件を解決していくミステリー・エンターテインメント。広瀬は19年のNHK朝ドラ『なつぞら』以来、櫻井は嵐の活動休止後、初の連ドラとなる。

 この2人のタッグといえば、18年公開の映画『ラプラスの魔女』でも共演し、興収14億円のヒットを飛ばしているだけに、今作での高視聴率が期待されるところだが、テレビ誌ライターは「不安材料は尽きない」と言ってこう続ける。

「公式サイトでビジュアルが公開されているのですが、それを見ると広瀬の髪型はパーマをかけたボブ。彼女はストレートのイメージが強いだけに、ネット上では『すずちゃんにパーマは似合わないよ』『ヘアスタイルのせいかアラサーに見える』『まだ若いのにおばさんみたいでかわいそう』と“不評祭り”となっています。日テレは過去に『掟上今日子の備忘録』で新垣結衣を白髪にしてファンから『老婆にしか見えない!』とのブーイングを食らい、視聴率もまさかの1桁台に沈みましたから、その二の舞いにならないか心配です。広瀬は18年に主演した日テレドラマ『anone』が平均視聴率6.1%と爆死し、同局とは長らく絶縁状態となっていた。今回も放送前から“相性の悪さ”を感じてしまいます」

 さらに、「天才すぎる助手とポンコツ探偵」というのもどこかで聞いたような設定……。

「櫻井が主演した『謎解きはディナーのあとで』(フジテレビ系)を思い出した人が多いでしょう。このときはヒロインの北川景子が推理力の乏しい刑事で、執事の櫻井が鮮やかに謎を解いていましたが、これを逆にしただけ。『謎解き~』で櫻井=切れ者というイメージがついていることがマイナスに働く懸念もあります。また、嵐の相葉雅紀が17年に主演した『貴族探偵』(フジテレビ系)も本人が推理しないスタイルでしたが平均視聴率 8.6%と爆死しています。さらに、一部報道では上白石萌音、橋本環奈、江口洋介ら豪華ゲストが予定されているとのこと。主役の2人が食われなければいいのですが」(前出・テレビ誌ライター)

 鬼門の日テレ、既視感のある設定で、広瀬&櫻井は期待通りの結果を残せるだろうか。

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

大沢野八千代(おおさわの・やちよ)

1983生まれ。大手エンタメ企業、出版社で勤務後、ネットソリューション企業に転職。PR案件などを手掛けている。KALDIフリーク。

最終更新:2021/02/27 13:00

広瀬すずの「おばさんパーマ」に疑問も…「既視感設定」櫻井翔の新ドラマに爆死フラグが立ちまくり⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

石戸諭が語るメディアの問題点

 毎日新聞、バズフィードジャパン、そして現在は雑誌でテレビでとメディアを横断して活動す...
写真