日刊サイゾー トップ > 芸能  > 草なぎ剛がブルーリボン賞受賞で一流俳優の仲間入り

草なぎ剛がブルーリボン賞受賞で一流俳優の仲間入り! 大河でも吉沢亮が食われる?

文=日刊サイゾー

草なぎ剛がブルーリボン賞受賞で一流俳優の仲間入り! 大河でも吉沢亮が食われる?の画像1
映画『ミッドナイトスワン』公式サイトより

 東京映画記者会が主催する第63回ブルーリボン賞が2月23日に決まり、『ミッドナイトスワン』のトランスジェンダー役を演じた草なぎ剛が、初の主演男優賞に輝いた。

 一報を受け、ネット上では「これで名実共にで超一流の役者と認められましたね」「あの役は剛クン以外に演じられる俳優が思いつかない程の完璧さでした」「ジャニーズ事務所の圧力やテレビ局の過剰な忖度から開放されつつあって、とても喜ばしい状況になっていますね」と、“ジャニーズ”の肩書なしでの受賞にファンからは多くの賛辞が寄せられている。

 そんな“演技派”の草なぎにさらなる期待が高まっているのがNHK大河ドラマ『青天を衝け』。日本経済の土台を築いた渋沢栄一を主演の吉沢亮が好演しているが、彼をしのぐ勢いで話題となっているのが徳川慶喜役で出演している草なぎだという。

「初回の冒頭部分で登場するや、雰囲気も、声質も普段の草なぎとは違う感じを醸し出していまいした。2話目のラストにも能を舞うシーンで登場しましたが、これまたこれまで見せたことがないような表情をしていて、思わず見入っていしったほど。業界内でも草なぎがいい味を出していると評判です」(芸能プロ関係者)

 初回平均視聴率は20.0%、第2話が16.9%と幸先のいいスタートを切っているが、今後の視聴率の鍵も草なぎが握っているとの声も聞かれる。

「幕末から明治にかけて描いていくのに、重要になってくるのが、慶喜の存在です。そもそも大河ドラマで近代ものをやると、視聴率が下がると言われている。となると、幕末でかなり物語を引っ張っていく必要が出てくるでしょう。前半部分で、慶喜が中心的な存在で描かれていかなければ、視聴者は付いてこないでしょうから、草なぎの存在感に吉沢が食われてしまうかもしれません」(テレビ関係者)

 すでに圧倒的な演技力で視聴者を魅了している草なぎだが、このまま視聴者をクギ付けにできるだろうか。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/28 19:00

草なぎ剛がブルーリボン賞受賞で一流俳優の仲間入り! 大河でも吉沢亮が食われる?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

海老蔵、梨園での孤立ぶり際立つ

 13代目・市川團十郎白猿襲名公演の開催が延...…
写真
インタビュー

錦鯉・渡辺隆「M-1に向けてという感じじゃなかった」

 祝・錦鯉2年連続M-1決勝進出! 準決勝進出が決定した段階で行われたこのインタビュ...
写真