日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 土田晃之「7万円会食うらやましい」に興ざめ!?

土田晃之「7万円会食接待うらやましい」コメントに一般人は興ざめ!?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

土田晃之「7万円会食接待うらやましい」コメントに一般人は興ざめ!?の画像1
写真/GettyImagesより

 お笑いタレントの土田晃之が26日、フジテレビ『バイキングMORE』に生出演。山田真貴子内閣広報官が利害関係のある会社から7万円超の接待を受けていたことについてのコメントに視聴者からは非難の声が上がった。

 この日の放送では、山田内閣広報官が総務省・総務審議官だった2019年11月に菅義偉首相の長男が勤める放送事業会社「東北新社」側から7万円超の会食接待を受けていたことについて特集した。

 MCの俳優・坂上忍は「一回7万ちょいくらいのご飯、ひとりですよ! ひとり!」と土田にコメントを求めると、土田はしみじみと「本当に、羨ましい仕事ですよね」と皮肉った。坂上が「本当ね」と同意すると土田は「だって7万円以上のものをご馳走してもらってるんですよ。考えられなくないっすか? そもそも7万のご飯って何? ってずっと思ってるんです」と続けた。

 この7万円の食事について山田広報官は「国会で和食レストランというカテゴリーで牛肉のステーキあるいは海鮮料理だったと記憶している」と答えたことが紹介。すると土田は「そんなに食べ盛りの人が集まっているわけじゃないでしょうからね。量も少なくてよさそうですけどね」さらに皮肉り、スタジオを笑わせた。坂上はこれに「確かに!よく入ったほうだよね!」と大笑いで同調した。

 お笑いコンビアンガールズの田中卓志も「7万円ってテレビの豪華料理でも出ないですよ。あれでも2~3万円くらい」と金額の異常さを強調し、坂上も土田も声をそろえて「聞いたことない」と相槌を打った。

 

 一般庶民からすると考えられない金額を痛烈に非難した土田だったが、一部視聴者は「本当に羨ましい仕事ですよね」というコメントが引っ掛ったようだ。

 ネット上では「適当にコメントして2~3時間座ってりゃギャラ貰えるコメンテーターも、ほんとに羨ましい仕事ですね」「あなたたちもね、毎日人の批判ばかりしてお金貰ってるんだからいい仕事だよね」「座ってるだけで数万貰ってる土田が羨ましい仕事とか言ってて草」と逆に視聴者から皮肉られるてしまった。

 また「芸能人が言うなよ、てめーらも贅沢放題だろ」「金額いうなら芸能人のギャラの方がバカらしい位高いでしょ」「テレビで値段叩きしてもしらけるだけだよな」とこれまた一般庶民からかけ離れた芸能界で生きている人たちからの批判は、興ざめと感じる人もいるようだった。

 芸能人はテレビ上でクイズに答えたり、旅行をしたり、美味しいものを食べたり。それが仕事で、それでギャラを貰っている。視聴者には7万円の会食をしている政治家よりも羨ましいと思われても仕方ないのかもしれない。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/02/27 12:00

土田晃之「7万円会食接待うらやましい」コメントに一般人は興ざめ!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

実話ベースの珠玉作『義足のボクサー』

 檻の中に閉じ込められていた魂が自由を手に入...…
写真
インタビュー

氷室京介を独自に更新した DEATHRO

 ライブハウスのみならず、公園、レストラン、バー、市民会館、うどん屋、ダムなどをスタ...
写真