日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > 入江を断罪する土田に猛ツッコミ

代表作がないのはどっちだ!? カラテカ入江を断罪する土田晃之に「お前に言われたくない」業界内外からツッコミ殺到!

太田プロ・土田晃之プロフィールより

 お笑いコンビ、カラテカの 入江慎也が事務所を通さずに直接ギャラを受け取る“闇営業”を振り込め詐欺グループとの間で行い、所属タレントを仲介していたとして、吉本興業から4月付で契約を解除されたが、そんな入江に対する土田晃之の発言に批判が集まっている。

 土田は7日放送の『バイキング』(フジテレビ系)で、友達が5,000人とも言われる人脈を駆使して、芸人としての本業以外のビジネスで稼いでいた入江について、土田は「芸人としての代表作思い出しますか? 入江はどっちかというと、そう(芸人)じゃない」と発言。だが、これに対して「代表作のないお前に言われたくない」「お前こそ代表作があるのか?」などとブーイングが相次ぎ、まさに“ブーメラン状態”となっている。

「確かに入江はコンサルティング会社を設立したり、企業や経営者相手に講演活動を行ったりして芸能以外のビジネスで最高月収280万円を稼ぐなどと喧伝される一方で、芸人としては一向にブレークしませんでした。しかし、それを言うなら土田だって、コンビだったU-turn時代は『タモリのボキャブラ天国』(フジテレビ系、1992~99年放送)への出演で、多少は顔が売れていましたが、2001年のコンビ解散後はピン芸人としての代表作なんてありませんからね。よくぞ入江のことを言えたものです」(芸能ライター)

 とはいえ、ピン芸人になってからの土田は、バラエティ番組に欠かせない“ひな檀芸人”として名を馳せるようになっている。

「ひな檀に座る多くの芸人たちがガヤを入れたり、何か面白いことを言って番組出演で爪痕を残そうと必死に頑張る中、土田はひな檀の後方に陣取って仏頂面で普通の発言をするだけ。そんな“逆張り”のスタンスが他の芸人との差別化が図られたというだけで、土田自身が特に話術に優れているわけではありませんでした」(同)

 しかし何の勘違いか、ひな檀での振る舞いが評価され、ワイドショーなどのコメンテーターとして起用されるようになる。辛口のコメンテーターとして多くの番組に出演するも、視聴者の評価は決して高くない。

「致命的なのは、話の内容が全く面白くないこと。当たり前のことを発言しながら怒ってみせるだけ。しかも、他人の不祥事は糾弾するくせに、自身が接触事故を起こした際には謝罪することなく、『僕が一番ビックリ』などと他人事の態度でした。また、NGT48の山口真帆の暴行事件に端を発する一連の問題で運営会社AKSの対応を厳しく批判していましたが、同じ秋元グループの欅坂46のメンバーだった今泉佑唯がグループ内イジメで卒業を余儀なくされた件では、自身が同グループの冠番組のMCを務めているためか、一切発言することなく沈黙を貫いています。こうした土田のご都合主義には、“コメンテーター失格”の声も上がっています」(同じ)

 その欅坂の冠番組『欅って書けない』(テレビ東京系)のMCぶりも、ファンからの評判は芳しくない。

「同じ坂道シリーズでは、バナナマンが乃木坂46の『乃木坂工事中』、オードリーが日向坂46の『日向坂で会いましょう』、それぞれ冠番組のMCを務めていますが、いずれもグループのファンでなくても楽しめると好評です。しかし、土田とハライチの澤部佑がMCを務める欅坂の冠番組は、土田と澤部がメンバーの魅力を引き出せていないとの声がもっぱら。特に、昭和のプロレスラーを引き合いに出したりしてボケる土田には、メンバーも訳がわからずドン引きしていますからね。バナナマンやオードリーに比べて、土田のお笑い芸人としての能力の低さが致命傷になっています」(同)

 そんな土田だけに、入江のお笑い芸人としての資質を問う姿に違和感を抱いた人は多かったようだ。

最終更新:2019/06/15 18:00
こんな記事も読まれています

代表作がないのはどっちだ!? カラテカ入江を断罪する土田晃之に「お前に言われたくない」業界内外からツッコミ殺到!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士、かく語りき

“元アウトローのカリスマ”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

トンデモ海外ニュース

世界中のびっくり珍事件をお届け。世界はやっぱり広かった!

深読みCINEMAコラム『パンドラ映画館』

最新作・話題作から珠玉の掘り出しモノまで、毎週1本必観の映画作品を徹底レビュー

じゃまおくんのザオリク的マンガ読み

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、世の中に埋もれる過去の名作マンガを発掘!

トップページへ
注目記事
  • facebook
  • twitter
  • googleplus
  • feed
イチオシ企画

【キング・オブ・アウトロー】瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”こと瓜田純士が森羅万象を斬る不定期連載
写真
特集

ジャニー喜多川氏逝去で、ジャニーズ事務所はどうなる⁉

ジャニーさん死去でジャニーズ事務所がいよいよヤバい!?
写真
人気連載

高良健吾主演のR18作

 初恋の相手にもう一度逢ってみたい、そう思う...…
写真
インタビュー

神の沈黙を描き切った注目の新鋭監督

 神さまは本当にいるの? 人間は死んだらどうなるの? 誰しも子どもの頃に頭を悩めた問...…
写真