日刊サイゾー トップ > エンタメ > ドラマ  > 『麒麟がくる』の予算が横滑りで豪華仕様に!

『麒麟がくる』の予算が横滑りで豪華仕様に! 『青天を衝け』でNHKが恐れる“あの人”からの口撃

『麒麟がくる』の予算が横滑りで豪華仕様に! 『青天を衝け』でNHKが恐れるあの人からの口撃の画像1
NHK『青天を衝け』公式サイトより

 吉沢亮主演のNHK大河ドラマ『青天を衝け』第3回が2月28日に放送され、平均視聴率16.7%を記録。初回20.0%、第2回16.9%からは下落したものの、3週連続で『ポツンと一軒家』(テレビ朝日系)、『世界の果てまでイッテQ!』(日本テレビ系)を抑えて、同時間帯首位をキープした。

 テレビ誌ライターが言う。

「『青天~』は2013年の『八重の桜』以来の大台スタートとなりましたが、第2回で16%台まで下落。前作の『麒麟がくる』は初回19.1%で第2回は17.9%でしたから、落ち幅が際立っていた。大河では“鬼門”と呼ばれる近現代、ましてや『渋沢栄一』という世間の認知度が低い主人公とあって、このまま落ち続けるのではと懸念されましたが、『麒麟~』第3回の16.1%は上回り、NHK関係者はひとまず安堵したようです」

 NHKが不安を抱いていたのには他にも理由があったという。テレビ関係者が耳打ちする。

「『青天~』では、5億円以上をかけて東京ドーム5個分の敷地を群馬県で貸し切ってロケをしています。これから描かれる戊辰戦争でも、同じくらいの規模のセットを作ることになっている。実は、これほど制作費が潤沢なのは、『麒麟~』の余った予算が注ぎ込まれているからなんです。たとえば、『麒麟~』の第37回では信長と武田、浅井、朝倉の壮絶な戦いが描かれるかに見えましたが、コロナの影響で合戦シーンのロケがなくなり、カネのかからないスタジオ撮影になっていました。しかし、逆に巨額の制作費を使っておいて数字を取れないドラマを作ったとなれば、『NHK受信料を支払わない方法を教える党』党首・立花孝志氏などから叩かれかねませんからね」

『青天~』はここまでは、少年時代の話。第3回でも商才の片鱗を見せ、いよいよ江戸に出てオープニングの物語が本格化していくところだ。このまま好調をキープし続けることができるだろうか。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/03/04 20:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』藤原三兄弟の“本当の仲”

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真