日刊サイゾー トップ > 社会  > ソフバン、2社のnoindex問題で好感度が急上昇

ドコモ、au「noindex」解約ページ隠し発覚で、ソフトバンクが評価を上げる!?

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

またしてもスマホ業界のせこい部分があらわになってしまった。2020年の末から続く値下げ競争で賞賛だけでなく叱責も浴びている印象のあるキャリア各社だが、今度はドコモとauが、自身のキャリアサービスの解約ページを検索に引っかからないようにする“解約ページ隠し”ともとれる手段を行っていたことが明らかとなった。この手のたぐいはもはや企業体質と考えざるを得ないのかもしれない…。
今回は、世間の評判をガッツリと下げたであろう2キャリアと、ライバルが沈んでいったことで好感度が急上昇するかもしれない存在についてお伝えしていきたい。

ドコモとauの残念な姿勢が発覚

現在は2キャリアとも検索結果に解約ページがヒットするようだ

 今回ニュースとなったのは、ドコモとauのHPの中で「解約」や「MNP転出手続」のページのみ「noindex」のタグが設定されていたという問題だ。総務省の開催する事業者間協議の中で指摘され、auは2020年12月25日に、ドコモも2021年1月20日に同タグを削除したという。ちなみにソフトバンクでは同様のタグは設定されていなかった。

 このnoindexタグとは、Google等の検索サイトを使った検索に表示されないようにす…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/03/05 12:30

ドコモ、au「noindex」解約ページ隠し発覚で、ソフトバンクが評価を上げる!?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

「なんかちょっと不幸そう」な田中みな実

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

DJ HASEBE語る志村けん

 志村けんが逝去してから1カ月以上が経っても、テレビ業界をはじめ、一般層にも広がる志...
写真