日刊サイゾー トップ > 芸能 > お笑い  > アンタ・山崎、プライベートも仕事も“高評価”

アンタッチャブル・山崎、プライベートも仕事も“高評価”を得る理由

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

アンタッチャブル・山崎、プライベートも仕事も高評価を得る理由の画像1
アンタッチャブル 人力舎 公式サイトより

 お笑いコンビ・アンタッチャブルの山崎弘也といえば、人懐っこいキャラクターと笑いのためならば際限なくボケを連発するパワフルさで人気を集める芸人として業界では重用されている。

 バラエティー番組を手掛ける放送作家はこう語る。

「一見暴走気味に見える時もありますが意外と現場の空気も読める。若手時代は別として、ある程度売れてからはスタンドプレーにならないよう、ちゃんと共演者にも見せ場を譲るようにしているため、制作サイドのみならず芸人仲間からの信頼も厚いですね」

 そんな山崎はプロ意識の高さもあってか、自身の私生活に関してはほとんど語ることはなくベールに包まれているが、以前にはバラエティー番組でのこんなエピソードが注目を集めた。

「番組内で3人の子どもを持つタカアンドトシさんのトシさんが、『近くに住んでいる山崎さんやサンドウィッチマンの富澤たけしさんが子育てについて自分のところに聞きに来る』と、2人とプライベートで親交があることを明かしたんです。さらに、山崎さんの奥さんが“ママ会”の幹事を担当した際には、ママたちが全員集合するまで山崎さん自らがトークをして場を持たせることや、全員揃ったら一人ひとりにお土産を渡して自分はパッと帰るなど、気遣いがあるところを話していました」(テレビウォッチャー)

 そんな山崎といえば、15年8月に9年間の交際を経て7歳年下の会社員の一般女性と結婚。

 16年7月に第1子が、19年12月に第2子が誕生しているが、プライベートでも親交のあるトシの口からその知られざる意外な一面が暴露された格好だ。

 とはいえ、業界内からはこんな声も……。

「一般視聴者からしてみれば“意外”かもしれませんが、山崎さんの真面目ないい人エピソードは、業界内では広く知られていますからね。所属事務所の養成所に通っていた時は超が付く真面目な生徒で、授業もほぼ皆勤賞だったことは有名です。普段は礼儀正しくて先輩を立てる一方、後輩へのあたりもソフトで義理堅い性格でも知られています。実力もさることながら、そういう人間性もあり、個性の強いあの芸風でも芸人仲間から疎まれるどころか愛されているんだと思います」

 そのうえで、こう続ける。

「もっとも、真面目な性格が災いして一時期はスキャンダルを起こした相方を許すことができず、長年コンビでの活動を拒んでいました。最終的には若手時代に可愛がってもらった恩人である『くりぃむしちゅー』の有田哲平さんの説得を受け入れて、今ではコンビでの活動も多く、仲も良いようです」(前出の放送作家)

 暴走キャラが許されるのも納得か!?

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/03/06 18:00

アンタッチャブル・山崎、プライベートも仕事も“高評価”を得る理由のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

深田えいみのセクシーだけじゃないSNSテク

 ”大喜利お姉さん”として新たなファン層を獲得しているセクシー女優の深田えいみ。発売...
写真