日刊サイゾー トップ > エンタメ > 連載  > ドラマのリアリティとマスクの“距離感”

『俺の家の話』ドラマのリアリティとマスクの“距離感”

文=飲用てれび(いんよう・てれび)

【完成】『俺の家の話』ドラマのリアリティとマスクの距離感の画像1
『俺の家の話』(TBS系)予告より

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週(2月28~3月6日)に見たテレビの気になる発言をピックアップします。

日高陽斗(高橋一生)「十分に距離もありますし、マスク、外しませんか?」

 テレビの連続ドラマでコロナ禍をどう扱うのか。ドラマだけでなくさまざまな表現がコロナ禍の扱いについては深慮していると思うのだけれど、時代と並走するテレビドラマであれば、なおさら敏感になるだろう。

『逃げるは恥だが役に立つ』『アンナチュラル』『MIU404』(以上、TBS系)などのテレビドラマを手掛けてきた脚本家の野木亜紀子が、以前こんなことを語っていた。

「できるだけ変わらないテイで(ドラマの脚本は)やっていこうとは思うんですけど。今後、この1年ぐらい作るドラマに関しても、コロナウイルスの話にまったく触れないとなると、それがじゃあ年度はいつなんだと。過去時制のドラマなのか、現在進行型だとすると、コロナウイルス騒動を描くのか。描かないとしたら、それはもうパラレルワールドになってしまう。なかなかこれが難しいなと思っています」(『あたらしいテレビ』NHK総合、2020年5月10日)

 現代劇において、コロナ禍のある世界を描くのか、それともそれがないパラレルワールドを描くのか。

 そんな二者択一とは違うところで物語が進行しているように見えるのが、現在放送中の『天国と地獄~サイコな2人~』(TBS系)だ。

 たとえば、第1話冒頭のこんなシーン。地下鉄に乗っていた望月綾子(綾瀬はるか)がふと顔を上げると、周囲の乗客から冷たい目線を送られていることに気づく。彼女はマスクを忘れていた。そんな彼女に、日高陽斗(高橋一生)が手持ちのマスクを譲る。地下鉄を降りた望月はマスクをしたまま走って職場(警視庁)に向かう。道ですれ違う人たちもマスクをしている。しかし、職場に着くとマスクは外される。

 その後、同ドラマにあまりマスクは出てこない。

 物語中に「コロナ」や「濃厚接触」という単語も出てきたし、発熱のため検査に行く(といって職場を休む)といったシーンもある。新型コロナウイルス感染症が存在する世界であると考えていい。けれど、マスクが着けられているシーンでも、「十分に距離もありますし、マスク、外しませんか?」といった登場人物(日高)の提案で、マスクはその場から早々に退場してしまう。

 積極的かつ好意的に解釈するならば、おそらくこのドラマの舞台は、新型コロナはあるけれど私たちの世界とはコロナ対策の慣習が違う世界なのだろう。

 電車の中ではマスクが必須。だけど職場では不要。外部の人と対面する際も、ある程度距離があればマスクを外すことは共通了解になっている。そんな世界。そういう意味でのパラレルワールド。あるいは、ワクチンの接種が行き渡るなどしてコロナ禍が収束気味になってきたような、時間的に今から少し先の世界の話なのかもしれない。

 まだ放送中の本ドラマ。“清掃”や“消毒”がキーワードになっているようにも見え、今後物語にコロナが絡んでくるのかもしれない。“新しい生活様式”を迫られる世界と、“入れ替わり”によって生活を変えざるを得ない登場人物の状況が重ね合わされているのかもしれない。

 いや、だとしても、物語の中でコロナ禍の扱いにあまり一貫性がなく、ストーリーの展開上都合のよい場面でコロナの話題が“つまみ食い”されているように見えたりもするのだけれど――。

 日高の行動の真意は何か。殺人を犯したのは実際のところ誰なのか。そもそも本当はいま誰と誰が入れ替わっているのか。物語上に残された多くの謎に引き込まれる本作だけれど、コロナの扱いの謎も私は気になっている。

12

『俺の家の話』ドラマのリアリティとマスクの“距離感”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

眞子さま、佳子さまの「乱」の行方

今週の注目記事・第1位「新聞・TVが報じない...…
写真
インタビュー

中島岳志が分析する都知事選・前

366万票を獲得し、得票率では6割近くの支持を集めた現職・小池百合子氏。下馬評通り、今回...
写真