日刊サイゾー トップ > 芸能 > ドラマ  > 菅野美穂、低視聴率で『ガキ使』が白紙⁉

日テレと絶縁? 菅野美穂『ウチカレ』低視聴率で年末の『ガキ使』特番出演が白紙に⁉

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

日テレと絶縁! 菅野美穂『ウチカレ』低視聴率で年末の『ガキ使』特番出演が白紙に⁉の画像1
日本テレビ『ウチの娘は、彼氏が出来ない‼』公式サイトより

 本人も周囲もこんなはずじゃなかったという心境だろう。

 菅野美穂主演のドラマ『ウチの娘は、彼氏が出来ない‼』(日本テレビ系)の視聴率が振るわないまま終盤に突入している。

 同ドラマは、菅野演じる恋愛小説家でシングルマザーと、浜辺美波演じる20歳になっても彼氏ができたことがなく、筋金入りのオタクである娘の“トモダチ母娘”が恋に奮闘する物語。脚本を『ロングバケーション』『オレンジデイズ』『半分、青い。』などで知られる北川悦吏子氏が手掛けることで注目されたものの、平均視聴率は初回10.3%から急落。2話目以降は8~9%台と2桁が遠のいている。

「視聴者からは『古臭い』との指摘が多く聞かれていましたが、北川氏はSNSで『実は、5話から怒濤の展開を見せます。うそおっ!って誰もが思うはず』『5話見たらひっくり返っちゃうかもです…』と予告。浜辺もSNSで『ウチカレ後半波乱が多くて、気持ち的に読めずにいます…』とつぶやいていたため、北川氏お得意の難病モノに急転するのではと、注目を浴びていました。しかし、結果は『母娘に血の繋がりがなかった』という予想されたほどのインパクトのある展開ではなかったため、視聴率は5話8.3%、第6話8.4%とほぼ無風でした」(テレビ誌ライター)

 視聴率1桁台を連発する不甲斐ない数字に激怒しているのは、菅野の所属事務所だとか。

「菅野は昨年の大みそかに放送された日テレ恒例の『ダウンタウンのガキの使いやあらへんで!』特番に出演。絶叫したり、ギャグを発したりと情緒不安定な高級ホテルのオーナー役を体当たりで演じたことで、ツイッターで『菅野美穂』がトレンド入りしたほど話題を呼びました。しかし、3月9日発売の『アサヒ芸能』によれば、赤っ恥をかかされてことで、菅野の事務所は日テレに対して不信感が持ち始めたそうです。すでに水面下で計画されていたという今年の『ガキ使』特番での夫・堺雅人との“変顔共演”も、今の所白紙になったといいます」(テレビ関係者)

 予想外の低視聴率に日テレがいちばん“うそおっ!”とひっくり返ったのではないだろうか。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/03/12 21:00

日テレと絶縁? 菅野美穂『ウチカレ』低視聴率で年末の『ガキ使』特番出演が白紙に⁉のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

Daichi Yamamoto「音楽や芸術は差別や分断をチャラにできる」

 2年前にリリースしたファーストアルバム『Andless』とは、着飾ったものを脱ぐと...
写真