日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > 三宅健、解散『実感なし』苦悩を吐露…

三宅健、解散に「まだ実感が湧かない」苦悩を吐露…“V6愛”グループ内格差が露呈か

三宅健、解散に「まだ実感が湧かない」苦悩を吐露…V6愛グループ内格差が露呈かの画像1
『三宅健のラヂオ』公式サイトより

 3月15日放送のラジオ番組『三宅健のラヂオ』(bay fm78)にてV6・三宅健がグループの解散について言及。発表後の気持ちを真摯に語ったことが話題となっている。

 三宅はこの日舞台に出演するために石川県に訪れており、番組収録は急遽公演後にホテルの部屋で行われた。V6は3月12日に解散をジャニーズ事務所の公式サイトで発表したため、わずか3日後の放送ということになるが、番組冒頭では、「今日はこのラジオを聞いてくれているファンのみんなのために30分を使いたいと思ってます」と宣言。「うまく話せるかわからないんですけども話していきたいと思う」とリスナーに向き合った。

 三宅は解散について「僕自身、まだ実感が湧かないというか……。なんか本当に、どれだけの人数の子たちがどれほど悲しむのかということを考えたら、発表される日がとっても怖かったっていうのが正直なのかな」と発言。「みんなにとって突然世界が一変してしまう、そんな出来事だと思うので」とファンの心情を慮りながら、「ビックリさせちゃって申し訳ないって気持ち」「これから先も30年、40年とV6が続くであろうってみんな楽しみにしてくれてただろうし、みんなそう思っててくれてた希望を叶えてあげられなかったから、それがすごく自分としては悲しいです」と謝罪した。

 三宅は石川県に向かう新幹線でファンからのメールを読んでいたといい「どこかで踏ん切りがついたと思ってたんですけど、悲しいけど実感がないというのかな? そういう気持ちだったんですけど。みんなの思いを、一つ一つメールで読んでいたら自分でもビックリしちゃったんですけど、涙が止まらなくって。なんか新幹線で一人、号泣している自分がいて」と感情が揺さぶられたことを告白。

 また三宅はファンに対して、悲しみの感情を我慢せずに泣きたかったら泣くなど「自分の感情に素直になってほしい」としながらも、「悲しみを長引かせないでほしいなと思います」と優しい口調でお願いし、「11月1日まで7カ月半しかない」「僕たちV6とファンのみんながお互いに楽しめる時間にしたい」と語りかけた。

 この放送に対しファンからは「ファンのことを考えてくれててありがとうの言葉しか出てこない」「アイドルの鏡」「こんなにファンに寄り添い続けてくれるアイドルっているのかな」といった感謝の言葉が続出している。

「三宅さんは2017年に岡田准一さんが、“クリスマスイブに結婚発表”というファンの気持ちを無視した行動に出てしまった際も、祝福コメントをしつつ『22年間たくさんの人に愛され、支えられてきた僕たちですから、これからも感謝の気持ちを忘れずに』とファンに配慮するなど、つねにファンファーストを実行してきた人物。グループより家庭や役者業優先とマスコミに言われ続けてきた岡田さんや森田剛さんをフォローしてきた、いわば“V6の良心”です。そんな三宅さんの言葉だけに、V6ファンには心に染みるものがあったのでしょうね」(芸能ライター)

 6人中4人が妻帯者というグループにおいて、41歳の現在も独身を貫き通しているという面も含め、いわば“V6最大の功労者”と言っても差し支えないであろう三宅。彼の言う通り、あと少ししかないV6のグループ活動を楽しみにしたいところだ。

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

にっかんさいぞー

最終更新:2021/03/17 09:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【4月開始の春ドラマ】放送日、視聴率・裏事情・忖度なしレビュー!

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『オッペンハイマー』を圧倒した『変な家』

 3月15日に公開された間宮祥太朗と佐藤二朗...…
写真
イチオシ記事

バナナマン・設楽が語った「売れ方」の話

 ウエストランド・井口浩之ととろサーモン・久保田かずのぶというお笑い界きっての毒舌芸人2人によるトーク番組『耳の穴かっぽじって聞け!』(テレビ朝日...…
写真