日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > Sexy Zoneのファンクラブ動画が突如閲覧不可に…

Sexy Zoneのファンクラブ動画が突如閲覧不可に!「編集ミス?」「公開日間違い?」原因は…

文=日刊サイゾー

Sexy Zoneのファンクラブ動画が突如閲覧不可に!「編集ミス?」「公開日間違い?」原因は…の画像1
公式サイトより

 3月18日の日中、ジャニーズの人気グループ・Sexy Zoneのファンクラブ動画が公開されるも、その日のうちに削除されてしまいファンから心配の声が上がっている。

 Sexy Zoneは3月24日に新曲「LET’S MUSIC」を発売するが、動画はこの新曲に関するもの。この曲はメンバーの佐藤勝利とKis-My-Ft2の北山宏光がW主演を務める連続ドラマ『でっけぇ風呂場で待ってます』(日本テレビ系)の主題歌であり、初回限定盤A、初回限定盤B、通常版の3パターンで発売。限定版特典として、AにはMVとメイキング、Bはバラエティ映像が収録されることとなっている。この曲はすでに公式YouTubeチャンネル『Top J Records』の3月15日更新でダイジェスト映像が公開されており、その全容にファンから期待の声が上がっていた。

 そんな中、ファンクラブ会員によせたメッセージ動画が公開されたわけだが、夜には削除となったために「観れなかった」という嘆きの声や「なぜ消えた?」という疑問の声が続出し、ツイッターでは「FC動画」のワードがトレンドに上がるほどの騒ぎのに。「セクゾちゃんFC動画見れなかった民です。推しに貢ぐために必死に働いている間に消えてるなんて」「FC動画削除されたの?? やば、怖い……」「編集ミスか何かかな」といった声が寄せられていたのだった。

「なぜ消えたのかと推測するファンが続出していましたが、動画を確認したファンからは、特典Bに入るバラエティ映像に収められる『でっけぇ風呂場で背中を流すのは誰だ?春のスポーツ王決定戦!』という企画の名前を松島聡さんが言い間違っていたため修正するのでは、という意見が多かったですね。あとは運営側が公開日を間違えたのではという意見や、ネットでの無断転載の影響なのでは……と推測する声も上がっていました」(芸能事務所関係者)

 3月19日の夕方時点では、いまだ動画は再投稿されていないが……。

「SNSでは、削除動画について問い合わせたというファンの方が、ジャニーズ事務所側からの『現在、一時的に視聴いただけない状態となっております。楽しみにお待ちいただいているところ恐れ入りますが、近日中に再掲載いたしますので、今しばらくお待ちいただきますようお願いいたします』という回答を情報共有してくれていたので安心しました! 今か今かとドキドキしながら待っていようと思います!」(Sexy Zoneのファン)

 ヤキモキしてしまうファンは多いだろうが、ひとまずは楽しみに待ちたいところだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/03/20 09:30

Sexy Zoneのファンクラブ動画が突如閲覧不可に!「編集ミス?」「公開日間違い?」原因は…のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

光浦と大久保、コンビ芸人の時間の積み重ね

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

舐達麻コンプラ無視の“超”大麻論

──ここ数年、日本でもっとも話題のラッパーといえば、舐達麻の3人をおいてほかにはいない。...
写真