日刊サイゾー トップ > エンタメ > アイドル > STARTO(旧ジャニーズ)  > キンプリファンがヘイトを溜める理由

King & Princeの“ティザー動画”に「期待はずれ」「センスがクソ」酷評の嵐! ファンがヘイトを溜める理由は…

King & Princeのティザー動画に「期待はずれ」「センスがクソ」酷評の嵐! ファンがヘイトを溜める理由は…の画像1
公式サイトより

 3月9日、突如King & Princeの所属レーベル「ユニバーサルミュージックジャパン」の公式ページにカウンドダウンタイマーが現れたため、「何か重大な発表があるのではないか」とジャニーズファンの間で話題になった。

 カウントダウンタイマーは3月12日12時で「0」になるよう設定してあり、淡々と時を刻んでいたが、ファンの間では「活動休止中の岩橋が復帰を発表するのではないか」「SNSやYouTubeを開始するのではないか」「海外進出の発表だろう」など、大きな期待感と共にさまざまな憶測が囁かれていた。

 ところが、3月12日に発表されたのは「シングルリリース」といったなんとも拍子抜けな内容。これにはファンからも「シングルリリースごときでカウントダウンする必要あった?」「期待はずれ」「ユニバーサルもジャニーズもクソ」といった嘆きの声が溢れている。30代のキンプリファンの雑誌編集者はこう語る。

「シングルは定期的にリリースされるものなので、なんのサプライズ感もない。それをわざわざ意味深なカウントダウンタイマーまで作って発表するということは、いつにも増して楽曲制作に力を入れているということなのかもしれないけれど、今回の件に関してはファンも相当ガッカリ感が強いと思いますよ(苦笑)。というのも、キンプリはいまだに冠レギュラー番組を持たせてもらっておらず、メンバー間のソロ仕事量にも格差があるので、ファンはフラストレーションを溜めているんです。CDを出せば50万枚程度は捌ける売れっ子グループなんだから、事務所はもっと彼らをメディアに出してくれというのがキンプリファンの素直な気持ち。ジャニーズの後続グループであるSixTONESとSnowManがラジオやバラエティ番組の冠番組を早々に始めたので、余計にヘイトが溜まっている」

 仰々しく設置された「カウントダウンタイマー」だが、結局はただのリリース発表。しかも、「タイトルは未定」という肩透かしっぷりを笑うのはユニバーサルとライバル企業でもあるレコード会社Aの社員だ。

「今回、カウントダウンタイマーが0になった時にYouTubeで“Teaser動画”が公開されたんですが、これがまた“Teaser動画”の意味を完全に履き違えた作りになっていて、これじゃあファンも怒るだろうなと思った(笑)。Teaser=ティザー動画というのは、シングルやアルバムリリースに際して作られる予告動画のこと。元々はK-POPがこの手法を取り入れて、今ではJ-POPでも作られることが増えました。映画の予告編のようにミュージックビデオ本編からシーンを切り取って作ることが多く、リスナーの期待感を煽る役割を担っている。しかし、キンプリのティザー動画はただただダサいフォントの文字が流れるだけで、ワクワク感がゼロ。正直、こんな文字だけの動画を作る意味ってないと思う。こんなのティザー動画と言えないし、センスがクソですね」(大手レコード会社社員)

12
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed