日刊サイゾー トップ > 芸能 > アイドル > ジャニーズ  > 嵐と「上を向いて歩こう」の巡り合わせ

嵐が夢見た世界進出と「上を向いて歩こう」の歴史的めぐり合わせ──批評家・矢野利裕が選ぶ“今年のジャニーズソング3曲”

文=矢野利裕(やの・としひろ)

──2020年は新型コロナウイルスに振り回される一年だったが、それでもエンタメ業界は暗いムードの世間を盛り上げようと奮闘していた。ここではさまざまな分野の識者に、今年特に熱かった作品を総括してもらう。ここでは、批評家の矢野利裕氏にジャニーズのベスト楽曲3曲をあげてもらった。

嵐が夢見た世界進出と「上を向いて歩こう」の歴史的めぐり合わせ──批評家・矢野利裕が選ぶ今年のジャニーズソング3曲の画像1
【Dance Video(Wash Your Hands)English Subtitled Version】より

 2020年もまた、ジャニーズにおいては激動の年だったと言わざるを得ません。年明け早々にSixTONESとSnowmanがデビューしたと思ったら、2月あたりには新型コロナウイルスにより世界が一変。特にエンターテイメントの領域は大きな影響があり、ジャニーズにおいても、コンサートが相次いで中止になりました。一方、そんな多くの人が自宅で過ごす時間が増えた状況下、3月末に「Johnny’s World Happy LIVE with YOU」と題したコンサートを無料配信しました。活動休止を宣言した嵐の最後の1年がこのような状況になるとは、予想だにしませんでした。

 2020年に「今年のジャニーズソング3選」について書くというのは、このような状況下を見据えながら音楽を聴く、ということを意味します。その意味では、松井五郎が作詞で馬飼野康二が作曲というジャニーズ渾身の手洗いソング「Wash Your Hands」も挙げたくなりますが、ちょっと飛び道具的なのでこうして言及するにとどめておきます。

NEWS、4部作最後の傑作「何度でも」

嵐が夢見た世界進出と「上を向いて歩こう」の歴史的めぐり合わせ──批評家・矢野利裕が選ぶ今年のジャニーズソング3曲の画像2
NEWS『STORY』通常盤(ジェイ・ストーム)

 個人的に衝撃的だったのは、手越祐也のNEWS脱退でした。4人のグループとして結束力も関係性も強くなって、『NEVERLAND』から始まる4部作も完結にいたるそのタイミングで、新型コロナウイルスによるコンサート中止が発表され、そうした動きに続くように手越さんの脱退が発表されました。

 このあたりの動きは、見ようによっては非常に現代的です。まずは、新型コロナウイルスの影響の大きさという点。次に、当面テレビ番組に出演するのが難しくなった手越さんが、新たな道としてYouTubeを主戦場のひとつに選んでいるという点です。

 同じくテレビを追われたお笑いタレントの宮迫博之のYouTubeに出演して、記者会見の裏側などを話していたのも印象的でした。まあ、手越さんの先見性という評価は別個あるかもしれませんが、ここ数年のNEWSの作品を特に愛好していた筆者としては、手越さんの脱退は端的にショッキングで寂しいものでした。

 4部作の最後にあたる『STORY』がとても素晴らしい内容だったのでなおさらです。ということで、そんな『STORY』で一番好きな曲である「何度でも」を挙げたいと思います(「Perfect Lover」も捨てがたい!)。向井太一が作詞作曲を手がけ、Taku Tkahashiも作曲に加わったこの曲は、ネオソウルとまでは言えないけどスロウな隙間のあるR&Bで、さらにコーラスにはゴスペル的なところもあり、とても素晴らしい楽曲です。このような技巧的な曲を歌いこなせるNEWSの表現力はすごいですね。「何度でも/何度でも/僕らなら進んでいける/悲しみや別れまで/笑顔に変えるから」という一節は、いま聴くとあらためて胸に響くものがあります。

アイドルという労働を考えさせられたSexyZone

 エンタメ業界の苦心ぶりを見ていると、芸能活動もまた労働の一部なのだという思いを強くします。だとすれば、アイドルのような存在もまた労働者のひとりです。近年注目され、コロナ禍においてますます無視できないのは、メンタルヘルスの問題です。

 2020年は、パニック障害のため2018年から活動を休止していたSexyZoneの松島聡が復帰をした年でした。松島さんは、9月の『THE MUSIC DAY』でテレビ復帰を果たし、11月発売のシングル「NOT FOUND」に参加しています。この松島くん復帰作を2曲目として挙げたいと思います。

 亀田誠治がアレンジを務めているこの曲は、ピアノとホーンで豪華でアダルトな雰囲気を出しておきつつ、シンセサイザーの味付けを前面に出して現代性も担保した素敵な曲です。菊池風磨によるラップパートも、途中で倍速になるところが素晴らしいです。今年2月のアルバム『POP × STEP!?』もとても良いアルバムですが、SexyZoneはかなり曲に恵まれているような印象を受けます。どの曲も水準が高いです。現在はマリウス葉が休止に入っていますが、早い回復を祈ります。

12

嵐が夢見た世界進出と「上を向いて歩こう」の歴史的めぐり合わせ──批評家・矢野利裕が選ぶ“今年のジャニーズソング3曲”のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

絶対的満足度の至宝店すべて見る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

新型コロナ拡大!芸能界も大騒ぎ!?

芸能界もさまざまな主張・行動で大騒ぎ!
写真
人気連載

豊洲、災害リスクは?

東京都江東区に位置する豊洲は、2020年10月に...…
写真
インタビュー

コンビニのプロが本を売った

 5万8669ーー。  これは、2019年9月現在(「月刊コンビニ」調べ)、国内に店...
写真