日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 市川海老蔵、広瀬すずに“オジさん発言”

『ボクらの時代』市川海老蔵の独壇場!? “MC力”発揮も…広瀬すずに“オジさん発言”連発

文=宇原翼(うはら・つばさ)

『ボクらの時代』高畑充希が率直な発言で翻弄!? 宮野真守に「おもんない」の画像1
『桶狭間~織田信長 覇王の誕生~』公式サイトより

 21日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に市川海老蔵、松田龍平、広瀬すずの3人が出演。26日に同局で放送されるスペシャルドラマ『桶狭間~織田信長 覇王の誕生~』の共演者という組み合わせだ。

 同作は海老蔵が織田信長役で主演を務めるスペシャルドラマで、本来は、昨年5月から7月にかけて予定されていた市川團十郎白猿襲名披露公演を記念する特別企画として、昨夏に放送されるはずだったもの。コロナ禍により共に延期となっていたが、海老蔵との協議の結果、まだ予定の立たない襲名披露公演に先んじてドラマが放送される。

 これに合わせて、柴田勝家役の松田、信長の正室・濃姫役の広瀬との鼎談の場が『ボクらの時代』で用意されたわけだが、バラエティ番組を得意としない松田はもちろんのこと、大先輩たちの前ということもあってか、広瀬もどこかおとなしい。結果的に海老蔵がMCのように場を回し、喋り続けるという珍しい回となった。

 海老蔵は初っ端から“舌好調”。広瀬が姉・広瀬アリスとともに行ったインスタライブをしっかりチェックしていたことを明かしたり、旧知の仲だという松田の天然エピソードを披露したりと、それぞれの個性的な魅力に触れる。続けて、さながらインタビュアーかのように、どういう風に芸能界に入ったかを広瀬と松田に語らせたかと思うと、「普通こうなったらさ、『海老蔵さんはどうなんですか?』とか訊かない?」と自分に話を振ってこないふたりにツッコむ。視聴者からは「海老蔵MCの番組できそう」といった声も上がっていたが、確かに見事な“司会”ぶりだった。

 もっとも、くりぃむしちゅー・上田晋也や明石家さんま的な“オジさん”MC感が強かったのも否めない。広瀬に対しては終始「かわいい」と連呼。結婚願望を訊ねる際には「ゆくゆくはお嫁にいくわけじゃないですか」と述べ、広瀬が天海祐希から貰ったアドバイスに感銘を受けたという話をすると、天海について「いい先輩だね。男らしいね」と無邪気にコメントするあたりは、今の時代とはあまりマッチングしないかもしれない。

 ただ、だからこそズバズバと相手の内面に踏み込む質問ができるという面もあるだろう。「海老蔵」「龍平」と呼び合う関係性も大きかったのだろうが、口数の少ない松田がテレビ番組で恋愛観を語ったのは貴重な瞬間だった。

 SNSの活用から子育てにいたるまで雄弁に語っていた海老蔵と、物静かな松田では、声のボリュームからしてまるで違う。対照的なふたりが長年の友人であることは意外に映るが、キャラクターがまったく違うからこそウマが合うのだろうか。芸能人のこうした関係性を覗き見ることができるのもまた、『ボクらの時代』の面白さだ。

宇原翼(うはら・つばさ)

宇原翼(うはら・つばさ)

雑誌、ウェブメディアの編集を経て、現在はエンタメ系ライター。

最終更新:2021/09/18 22:35

『ボクらの時代』市川海老蔵の独壇場!? “MC力”発揮も…広瀬すずに“オジさん発言”連発のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

おぞましき医師のドキュメンタリー

 とんでもないドキュメンタリー作品を観てしま...…
写真
インタビュー

倉持由香&里咲りさセルプロデュース激論

 フローエンタテインメントで社長業をしながらアーティストとしても活動している里咲りさと...
写真