日刊サイゾー トップ > エンタメ  > 日本アカデミー賞での“絡み”に芸能関係者が注目

元SMAP・草彅剛と嵐・二宮和也… 日本アカデミー賞での“絡み”に芸能関係者が注目

元SMAP・草彅剛と嵐・二宮和也… 日本アカデミー賞での絡みに芸能関係者が注目の画像1
映画『ミッドナイトスワン』ツイッターより

「第44回日本アカデミー賞」の授賞式が3月19日、グランドプリンスホテル新高輪で行われ、最優秀主演男優賞を『ミッドナイトスワン』の草彅剛が受賞した。同作は、草彅剛が難役のトランスジェンダー役に挑んだ愛の物語で、最優秀作品賞も受賞。

 授賞式の模様は、生ではなく録画で日本テレビ系で放送されたが、初受賞となった草彅は、優秀賞ブロンズを手に「マジっすか。ごめんなさい。頭が真っ白になってしまって」と戸惑いの表情。続けて、「今まで、皆さんとお仕事をさせていただいたこととか、仲間の皆さんに応援していただいていることとか、(香取)慎吾ちゃんや(稲垣)吾郎さん、本当に近い人たちが支えてくれて、今日この舞台に立てたんだなと思ってうれしいです」と喜びを語った。

「最優秀賞を誰が受賞するか、が常に話題になりますが、今回注目されたのは草彅と同じ部門の優秀賞に選ばれていたジャニーズ事務所時代の後輩である嵐・二宮和也との絡み。17年9月に草彅がジャニーズから独立後、公の場で二宮と絡むのは初めてのこと。芸能関係者からは『まさか、2人がそろい踏みする日が来るとは思わなかった』という声も多く聞かれ、SMAPと嵐の関係性もあって、2人がどんなやりとりをするのか、気になっていた場内の報道陣も多かった」(芸能記者)

 ほかに優秀主演男優賞賞を受賞した小栗旬、佐藤浩市、菅田将暉と一列にならんでトークを展開した草彅と二宮。トークを振られた草彅が、流れで二宮のことを「ニノちゃん」と呼ぶと、二宮は恐縮した様子で一礼したが、注目されていた2人の絡みはこのやりとりのみ。

 その後、草彅が最優秀賞を受賞してスピーチを終え、ほかの4人とレッドカーペットを歩いたが、佐藤は肩をたたいて祝福。その後ろを二宮が歩いたが、笑顔で拍手し草彅の受賞を祝福した。

「日本アカデミーの“前哨戦”とも言える『ブルーリボン賞』では、草彅と二宮が同じ主演男優賞にノミネートされたが、こちらも草彅が受賞。そのため、日本アカデミーはジャニーズに忖度して二宮に最優秀賞を取らせるかと思いきや、まさかの草彅の連勝。さらに、周囲が思うほど草彅と二宮の関係が悪いものではなかったことも明らかになった」(芸能記者)

 俳優として同じ土俵に立って真っ向勝負をした草彅と二宮。近い将来、これまで実現不可能と思われていた作品での共演が実現する日が来るかもしれない。

黒崎さとし(編集者・ライター)

1983年、茨城県生まれ。ライター・編集者。普段は某エンタメ企業に勤務してます。

Twitter:@kurosakisatoshi

くろさきさとし

最終更新:2021/03/22 19:00
ページ上部へ戻る

配給映画

トップページへ
日刊サイゾー|エンタメ・お笑い・ドラマ・社会の最新ニュース
  • facebook
  • twitter
  • feed
特集

【1月期の冬ドラマ、続々スタート】視聴率・裏事情・忖度なしレビュー

月9、日曜劇場、木曜劇場…スタート日一覧、最新情報公開中!
写真
インタビュー

『マツコの知らない世界』出演裏話

1月23日放送の『マツコの知らない世界』(T...…
写真
人気連載

『光る君へ』「かの国」との交易と文化交流

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・...…
写真
イチオシ記事

「高野さんを怒らせたい。」の革新性

 2日に更新されたYouTube「高野さんを怒らせたい。」の最新作が、公開24時間で20万再生を超えるスマッシュヒットとなっている。 「高野さんを...…
写真