日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 木梨憲武、石橋貴明との距離感

木梨憲武が内山信二のボートレース配信に飛び入り出演! 自由すぎる活動と石橋貴明との距離感

文=浜松貴憲(はままつ・たかのり)

木梨憲武が内山信二のボートレース配信に飛び入り出演! 自由すぎる活動と石橋貴明との距離感の画像1
木梨憲武(Getty Imagesより)

 3月22日にボートレース多摩川の公式YouTubeで配信された番組『裏どちゃんこTV【第16回澤乃井カップ】3/22(4日目)』に、とんねるずの木梨憲武が飛び入り出演する出来事があった。

『裏どちゃんこTV【第16回澤乃井カップ】3/22(4日目)』は、内山信二とお笑いコンビ「モッツァレラ気分」の中川おさむが、ボートレース多摩川のレースを予想しながら配信するという番組。6時間以上にわたるこの配信で、木梨が登場したのは、序盤の第2レースを予想しいているときのことだ。投票締め切りを待っている時間に、いきなり木梨が登場し、そのままレースを見届け、見事に舟券を当てると、あっという間に去っていった。

 この配信を見ていたというスポーツ記者はこう話す。

「何の前触れもなくいきなり木梨さんが出てきて、本当に驚きました。どうやら GYAOの番組『木梨の貝。』の撮影に行く途中に、思いつきで寄ったみたいで、GYAOのカメラも回っていたようです」

 あまりにも自由すぎる行動を見せた木梨。最近は地上波でのテレビ出演もほとんどなくなり、レギュラー番組はTBSラジオ『土曜朝6時 木梨の会。』とGYAO『木梨の貝。』のみ。一方で、音楽活動のほか、個展を開いたり、絵本を制作したりなど、アーティスト活動に積極的だ。

 2018年3月に『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系)が終了し、コンビでの活動がほぼなくなると、同年6月に木梨はとんねるずの所属事務所であり、石橋貴明が社長を務める芸能事務所「アライバル」から独立している。

「コンビは解消していないものの、木梨さんと石橋さんは、完全に別々に活動している状態ですね。その結果、木梨さんは本当に自分がやりたいことだけを自由にやるようになったんです。貯金もとんでもない額があるでしょうし、収入のことなんかもまったく考えていないのでしょう」(テレビ局関係者)

 一方の石橋は、この3月で唯一の地上波レギュラー番組だったフジテレビ系『石橋、薪を焚べる』が終了。今後はYouTubeでの活動がメインになっていくと思われる。

「自由奔放に動く木梨さんに比べて、石橋さんはまだまだ必死に頑張っている状況です。実際にYouTubeではちゃんと結果も出ているし、石橋さんにしかできないコンテンツを送り出せているのもすごい。テレビの世界の第一線から退くことになるのは間違いないものの、それでもやはり“腐ってもとんねるず”ですよ」(同)

 まったく異なる方向性に進んでいくとんねるずの2人。今後、2人の姿を地上波で見られる機会は、もうないのだろうか……。

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

浜松貴憲(はままつ・たかのり)

1980年生まれ、東京都出身。大学卒業後、出版社に入社。その後、いくつかの出版社を渡り歩いた末に、現在はフリーライターとして、テレビ番組、お笑い、YouTubeなど、エンターテインメント全般について執筆している。

最終更新:2021/03/25 12:00

木梨憲武が内山信二のボートレース配信に飛び入り出演! 自由すぎる活動と石橋貴明との距離感のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

韓国ドラマの「少年ジャンプ」的必勝パターン

 サブカル好き産業医の大室正志とB級映画プロ...…
写真
インタビュー

中島岳志「選挙に行こう」だけでは意味がない

 2020年、コロナ禍によって世界中が大混乱に陥る中、日本では7年8カ月続いた安倍晋三...
写真