日刊サイゾー トップ > 芸能  > 鷲見アナとプロ野球選手の「言えない関係」

鷲見アナとプロ野球選手の「言えない関係」やっぱり会食は多かった?

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

鷲見アナとプロ野球選手の「言えない関係」やっぱり会食は多かった?の画像1
鷲見玲奈 公式インスタグラムより

 フリーアナウンサー・鷲見玲奈が25日、NHKで放送された『密会レストラン』に出演、プロ野球選手との恋愛について赤裸々に語った。

 学生時代には1週間で7人から告白されるモテ女だった鷲見。当初は26歳までに結婚すると決めていたものの、そのままズルズルと4年が経過したことには悔しがっていた様子。それでもテレビ東京の局アナ時代からスタイルの良さに注目が集まっていたことは有名で、特にスポーツの現場では格好の的だった。

 局アナとして入社後はスポーツ番組を担当しており、頻繁に関東近郊の野球場に訪れていた鷲見。ただ、野球選手との恋愛には、当時のスタッフから週刊誌などに「撮られたらスポーツ担当から外す」とクギを刺されており、食事やデートに「行けなかった。仕事絡みの相手はめんどうなので、アスリートとは付き合いたくない」と話した。

 ただ、当時を知る関係者は「そんなこともないのですけどね」と苦笑いだ。

「ずっと、あちこちの選手から噂が出ており、会食レベルでは行っているはずです。さらに、ベテランのスポーツマスコミ関係者からもベンチに座って情報収集していた(笑)。本人が番組で言ったようにプロ野球選手と女子アナが出会う機会は非常に多いし、それを取り持つ関係者もまた、多い。要は当事者同士がどこまで本気なのかにもよりますよ」

 別の芸能関係者も「以前ほどではないにせよ、女子アナとプロ野球選手の合コンはまだまだ、ありますよ」と語る。

「昔に比べてプロ野球の現場に女性スタッフが増えたとは言っても、女子アナはとにかく目立つ。だから野球選手も『あの子誰? 可愛いね』って話になる。真面目な顔して練習していても、会話している内容はそんな類のものばかりです。そうなると、今度は関係者が『女子アナ呼んできましょうか』と話を振り始める。後は女子アナを宴席に来るよう、説得できるかどうかだけです。テレビ局の女子アナのいいところは、身元がはっきりしているので、トラブルに発展しにくい。もし起きても、公にするのはお互い損するので内々で処理することも多いからです」(同)

 ただ、2020年から続く新型コロナウイルス感染拡大の影響で今年も野球場に入る報道関係者は大幅に人数制限があり「万が一感染でもしたら大変なので女子アナは真っ先に外される」のだ。本人の思惑とは裏腹に、鷲見アナが野球場をウロウロしていたあの頃が懐かしいと思う関係者は意外と多いことだろう。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/03/31 14:00

鷲見アナとプロ野球選手の「言えない関係」やっぱり会食は多かった?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[呂布カルマ]ゲオの骨伝導ワイヤレスイヤホン体験インタビュー

グラビアディガーが○○鑑賞中の“まさか!?”を回避できる骨伝導ワイヤレスイヤホン
写真
特集

今年は誰が目玉? 大みそか恒例『紅白歌合戦』特集

今年は有観客開催! 『第72回NHK紅白歌合戦』の目玉は? あの人は出る?
写真
人気連載

渋沢栄一の“放蕩息子”篤二の実像

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

ギャスパー・ノエ監督が衝撃作誕生について語る

 映画史上もっとも悲惨かつ衝撃的な作品として、公開当時に大変な話題を呼んだのがフラン...
写真