日刊サイゾー トップ > 芸能  > 超売れっ子状態、鷲見玲奈アナ

鷲見玲奈、超売れっ子状態!「元テレ東」肩書きのメリットとデメリット

文=日刊サイゾー

鷲見玲奈、超売れっ子状態!「元テレ東」肩書きのメリットとデメリットの画像1
鷲見玲奈@sumi__reinaより)

 昨年3月にテレビ東京を退社し、現在セント・フォースに所属するフリーアナウンサーの鷲見玲奈が、バラエティ番組で大活躍中だ。

「クイズ番組で“女子アナチーム”として出演することも多いし、トーク番組への出演も多い。あらゆる番組にゲスト出演しています。さらには、女優としての活動まで増えていて、まさにノリにノッています」(週刊誌記者)

 現時点では地上波でのレギュラー番組がない状態だが、4月以降は一気に増えそうだと言われている。

「ゲストで出ているだけだと、タレントとしての格がなかなか上がらないし、不安定なまま。本人としても、事務所としても、軸となるようなレギュラー番組を求めているところでしょう。鷲見玲奈を使いたい番組も多いでしょうし、4月の改編では間違いなく動くはず。4月以降は、さらに忙しくなるのではないでしょうか」(テレビ局関係者)

 どうして、鷲見玲奈がここまで人気なのだろうか。

「もともとテレ東時代から人気も高かったし、注目度も高かったので、当然の結果かと。あと、“テレビ東京出身”というのも大きいですよね。女性アナウンサーの場合、“お高く止まっている”というイメージで叩かれやすいんですが、“テレビ東京出身”となると、そうはならないことが多い。テレ東は庶民的というか、そういった雰囲気から醸し出される親近感がウケているのではないでしょうか」(同)

 しかし、一方でその“テレ東出身”がマイナスに働くこともあるという。

「テレ東以外の民放各局の社員のなかには、いまだに“テレ東よりウチのほうが上”という感覚を持っている人も多い。“元テレ東のアナウンサーを使うなら、自分のところの局アナを使ったほうがいいのでは?”みたいな意見もたしかにあるんです。テレビ局員の古臭いプライドが、鷲見アナを妨害するなんてことになりかねません」(民放関係者)

 テレ東時代から周囲に敵も多かったという鷲見玲奈。フリーになってもまだ、敵は多そうだ。

 

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/02/14 12:00

鷲見玲奈、超売れっ子状態!「元テレ東」肩書きのメリットとデメリットのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

[月刊サイゾー×LINE LIVE]誌面掲載争奪オーディション結果発表

人気ライブ配信アプリと「月刊サイゾー」がコラボするオーディション企画開催中!
写真
人気連載

ハライチ澤部が「朝食バイキング」愛を熱弁!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

原田龍二が瓜田純士にラブコール!

はみだし者、という意味を持つ“アウトロー”。道なき道を行く彼らは、いつも孤独とともにあ...
写真