日刊サイゾー トップ > 芸能  > 「Flash」の暴露記事はリベポ?

桑子真帆、鷲見玲奈、阿部華也子…「Flash」の公益性なき暴露記事はリベンジポルノへの加担?

文=日刊サイゾー編集部(@cyzo

桑子真帆、鷲見玲奈、阿部華也子…「Flash」の公益性なき暴露記事はリベンジポルノへの加担?の画像1
NHKプロフィールページより

 この記事でいったい何を読者に伝えたかったのか。

 1月19日発売の「Flash」(光文社)が、2020年大みそかのNHK紅白の総合司会を務めた桑子真帆アナの「過去」を報じたことが物議を醸している。

「記事では、大学の先輩後輩関係で桑子アナの『セフレ』だったと名乗る男性が登場。桑子アナはその男性との関係と並行して本命の彼氏がいたり、女友達の彼氏と関係を持ったりしていたと吹聴。恋人がいる男性と遊ぶことを“不倫デート”と呼んで楽しんでいたとも暴露し、男性とのプリクラも掲載されています。セフレ関係は06年から15年まで続いたといいますが、5年以上前のことをなぜ今蒸し返したのか疑問が残るところです」(週刊誌記者)

 ネット上では、「今さら女々しい男だな」「当時お互い結婚してないし問題ないよね」「捨てられた腹いせ。これやられたら、皆過去を抱えて生きているのに公の仕事できなくなる」と告白者を嫌悪するコメントが連打される一方、「過去を売る最低な男とそれを記事にする最低な雑誌」「記事を売る男性、記事にする出版社にも疑問」と、掲載した「Flash」への批判も殺到している。

「「Flash」は昨年も鷲見玲奈が6年前に出会い系で知り合った男性と交際したり、人気お天気キャスターの阿部華也子が2年前に酒場でキスしていたことをお相手男性に暴露させています。しかし、いずれの記事にも報道するに足る公共性・公益性があるとは思えず、むしろリベンジポルノに加担している印象さえ受ける。一昔前には週刊誌の定番だった『私を(が)抱いた有名人』企画も現代ではプライバシーの侵害以外の何物でもない。もし、俳優の小澤征悦との結婚が目前だと報じられており、桑子アナに訴訟を起こされたら、おそらく同誌は1000万円規模で敗訴するでしょうね」(出版関係者)

 コロナ禍で芸能人の外出が減り、「今」のスクープが取れにくくなったことで、「Flash」は「過去」をほじくる路線に変更したのだろうか。

最終更新:2021/01/20 20:00

桑子真帆、鷲見玲奈、阿部華也子…「Flash」の公益性なき暴露記事はリベンジポルノへの加担?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

話題作少なめ!?今クールドラマ、何を見るべき?

1月クールのドラマが続々スタート!…するもなかなか話題作に乏しい様子。意外な良作があるかも?
写真
人気連載
インタビュー

氷室京介を独自に更新した DEATHRO

 ライブハウスのみならず、公園、レストラン、バー、市民会館、うどん屋、ダムなどをスタ...
写真