日刊サイゾー トップ > 芸能 > テレビ  > 『北の国から』幻の続編構想

『北の国から』田中邦衛氏の死去でついに叶わなかった続編構想…描かれるはずだった純の“離婚物語”とは?

文=日刊サイゾー

『北の国から』田中邦衛氏の死去でついに叶わなかった続編構想…描かれるはずだった純の離婚物語とは?の画像1
フジテレビ公式サイトより

 3月24日に老衰で死去した田中邦衛(88)。その追悼として、代表作『北の国から』(’87 初恋)がフジテレビで再放送された。ネット上でも「今見ても良いドラマ」「純がウォークマンで尾崎豊を聴くシーン何度見ても泣ける」「泥のついた1万円やばい」「田中邦衛みたいな役者は二度と現れない」など、多くの反響が寄せられた。

 1981年の連続ドラマから実に20年に渡って描かれた、主人公・五郎(田中)とその家族の雄大な人間ドラマは、テレビ史に残る傑作だ。ゆえに、最終作『遺言』(2002年)のオンエア後も度々「北の国から復活待望論」が持ち上がってきた。脚本家の倉本聰も、折に触れて「続編構想」を語っている。テレビ局関係者の話。

「倉本さんにとっても『北の国から』は代名詞になっていますので、インタビュー取材があると必ず本作について聞かれるわけです。その中で『続編を作るなら』という話も度々出てきてはいたんですが……とはいえ『遺言』で完結であることに変わりはない。タイトルからしても、これ以上の物語を描くのは野暮な感じがするでしょう。倉本さんもサービス精神旺盛なので、『続編構想』はちゃんと話してくれますが、具体的に動きがあったわけじゃないんですよ」(テレビ局関係者)

 ただ、そんな倉持が本気で続編に動き出そうとしたきっかけになる出来事があったという。

「2011年の東日本大震災が起こった時に、震災をテーマに新作を書くという話が出たんです。蛍(中嶋朋子)が震災に遭遇して、夫を亡くすというプロットがあったそうですが、結局は頓挫した。どうも五郎の息子・純を演じる吉岡秀隆をキャスティングするのが難しかったようで……」(同)

 吉岡といえば02年の『遺言』で女優の内田有紀と共演。劇中でも、吉岡と内田は結ばれる展開だったが、ドラマの放送後2人は実際に結婚し、大きな話題になった。しかし、05年には離婚した。

「ただの離婚ならよかったが、吉岡がDVをしていたんじゃないかという報道が大々的に広がってしまい、この案件はアンタッチャブルになってしまったようだ。無論『北の国から』についても、吉岡としては慎重にならざるを得ない。内田の出演をなかったことにするのは難しいし、嫌でも過去を振り返ることになりますからね」(中堅芸能事務所関係者)

 吉岡の離婚を受けてか、倉本が考えていた続編構想の中でも純は離婚することになっていたのだという。

「倉本は2011年に刊行した自著で、『北の国から』の続編について触れています。純は内田が演じた・結との結婚後、やはり離婚するそうです。また、別のインタビューでも『純は離婚してれい(横山めぐみ)と再婚する』と語っています。ただ、この設定だとやっぱり視聴者は実際の吉岡の離婚を彷彿とするでしょうし、役者サイドはなかなか受けづらいでしょうね(苦笑)」(テレビ誌ライター)

 田中邦衛の死去により、倉本の続編構想も幻に終わってしまったが、たとえ新作が作られなくとも名作であることに変わりない。今後も定期的に再放送してほしいものだ。

日刊サイゾー

日刊サイゾー

芸能・政治・社会・カルチャーなど、さまざまな情報を独自の切り口で発信するニュースサイト。

Twitter:@cyzo

サイト:日刊サイゾー

最終更新:2021/04/04 15:00

『北の国から』田中邦衛氏の死去でついに叶わなかった続編構想…描かれるはずだった純の“離婚物語”とは?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

YOASOBIが深夜ラジオで飯テロ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

SEEDAが語る映画『花と雨』

――SEEDAが2006年にリリースした傑作アルバム『花と雨』を原案とした同タイトル...
写真