日刊サイゾー トップ > 社会  > テレワーク下で「あの時間」が2.5倍に

燃え尽き症候群? マイクロソフトの調査結果でテレワーク下で“あの時間”が2.5倍に!

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

マイクロソフトが3月22日に発表した、「Microsoft Teams」をはじめとする同社製のワークプレイス・ツールを利用したやりとりに関する調査結果を明らかにした。調査結果によると、テレワークが普及した2021年2月には会議に使用した時間が前年と比べて2.5倍に膨れ上がっているようだ。社内でのチャットのやりとりも45%増加の傾向に。テレワークとともに多くの企業で導入されたビジネスチャットツールによっていつでも連絡が取れてしまう労働環境が、就業時間を長引かせ労働環境の悪化を招いているのだろう。
感染リスクを避けたテレワークの導入から新しい働き方に変化し、自分の時間を尊重できる自由なワークライフへと移行する流れになったように見えた。しかしそんなテレワーク下において労働時間が以前よりも伸びてしまっていることを考えると、完全にテレワークへと移行するのではなく、テレワークと出社の2つの働き方を組み合わせるのが最適なのかもしれない。

テレワークで燃え尽き症候群が蔓延?

 これまでは会社のオフィスで顔を合わせるなどでコミュニケーションを取っていたメンバーが、テレワークとなってその…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/04/07 08:30

燃え尽き症候群? マイクロソフトの調査結果でテレワーク下で“あの時間”が2.5倍に!のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

JAY’EDが語るLDHのクリエイティブ

 ここ数年の音楽シーンに欠かせないのが口コミ。SNSでの好リアクションがあれよあれよ...
写真