日刊サイゾー トップ > 社会  > 楽モバ、自社回線エリア急拡大!

楽天モバイル、自社回線エリア急拡大! 無制限プランの弱点克服間近か

文=オトナライフ編集部

生活をもっと楽しく刺激的に。 オトナライフより】

「ahamo」や「povo」、「LINEMO」など、新規顧客の獲得をめぐってさまざまなキャンペーンを打ち出しているキャリア各社の新プラン。その中でも怒涛の勢いを見せているのが楽天モバイルの「Rakuten UN-LIMIT VI」だ。かねてから自社回線エリアの拡大を続けており、夏頃をめどに「自社回線エリアの人口カバー率96%」を目指すことも発表されている。もしこの目標を達成したとなれば、無制限でギガ使い放題の「Rakuten UN-LIMIT」の契約数が増加することも見込まれる。今回は新プランの中でも注目の楽天モバイルの動向について紹介する。

2021年夏までに自社回線エリア人口カバー率96%

 4月1日の日本経済新聞によると、楽天モバイルが京都・大阪の2府、そして宮城・埼玉・新潟・静岡・愛知・滋賀・兵庫・広島・奈良・愛媛・福岡の11県を対象に自社回線による運用への切り替えを進めていることが分かった。もともとKDDIから通信設備を借りてサービス提供を行っていた楽天モバイルだが、KDDIのローミング(相互乗り入れ)打ち切りに伴い、順次自社回線へと切り替えていくという。前述…

続きは【オトナライフ】で読む

最終更新:2021/04/07 12:30

楽天モバイル、自社回線エリア急拡大! 無制限プランの弱点克服間近かのページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

徳川家茂の激動人生、恋人を殺害?

──歴史エッセイスト・堀江宏樹が国民的番組・NH...…
写真
インタビュー

カニエ・ウェストはなぜ人種差別的な小説に惹かれた?

 アメリカのポップ・カルチャー(音楽、ドラマ、映画等々)の情報は日本でも大量に流通し...
写真