日刊サイゾー トップ > スポーツ > オリンピック  > 五輪不参加第1号北朝鮮の思惑

五輪不参加第1号は北朝鮮 その思惑と追随する国は?

文=石井洋男(いしい・ひろお)

五輪不参加第1号は北朝鮮 その思惑と追随する国は?の画像1

 ついにというべきか、日本が恐れていた東京五輪不参加表明国の第1号が登場した。正式発表ではないものの、不参加の方針を表明したのは北朝鮮。日本からほど近く、深い因縁のある北朝鮮だが、謎多き国の思惑はいったい何なのか。

 第3波も収まらぬうちに、早くも第4波がやってきたコロナ禍の日本にさらなる悲報が伝えられた。北朝鮮体育省は6日、同省のウェブサイトにて不参加が決定したと発表。理由としては「新型コロナウイルスから選手を守るため」と述べられている。

「北朝鮮が五輪に参加しないのは2014年のソチ冬季五輪以来。ソチ五輪は出場権を得た選手がおらず、推薦枠での出場を目指しましたが、認められませんでした。夏季五輪はロサンゼルス(1984年)とソウル(1988年)が不参加で、その後は全大会に出場しており、今回不参加なら8大会ぶりとなります。

 北朝鮮のコロナ感染者数は、表向きにはゼロ。もともと国境が厳格に閉ざされている上、完全な独裁体制なのでロックダウンも容易で、拡散防止のコントロールはしやすいですが、関係者の間でゼロという数字を鵜呑みにする人はいません。隔離者が出ているという情報もあり、厳しい情報統制が行われているようです。

 北朝鮮は防疫のために他国との物資の流通を厳しく制限しており、そこに経済制裁も加わって、食糧や医薬品不足は深刻。不参加を表明することで、何らかの条件を引き出そうという政治的思惑もあり得ますが、ただ単に選手を派遣する費用が無く、コロナを持ち帰ってしまったら対処する術がないのではという見方が大勢を占めています」(朝鮮半島情勢に詳しいジャーナリスト)

 6日にはアメリカのプライス報道官が、中国の人権問題を理由に「北京冬季五輪ボイコットの可能性を排除しない」と発言。五輪参加の可否が世界的な関心事となっている。日本にとっては悪夢のシナリオだが、北朝鮮に追随する動きが発生する可能性は高い。

「昨年、写真誌『FLASH』が、各国の五輪委員会に五輪参加の可否を問うアンケートを行ったところ、ラオスが『我が国から、コロナ禍の五輪に選手を派遣することはないと考えています』と、答えています。アフリカの経済状況が深刻な国も、コロナを持ち帰ったら“ジ・エンド”ですから、出場を見合わせる例は出てきそう。また、世界人口2位のインドの感染者数が急増しているのも気がかりで、直前に“ドタキャン”するような国も出てくるでしょう」(キー局スポーツ局関係者)

 五輪開幕まではおよそ3カ月。すでに観客受け入れを断念することは決まったが、最高のアスリートが集う大会になる可能性は薄くなってきた。

「例えばリオ五輪では、ゴルフの松山英樹が『ジカ熱』などを理由に出場辞退したように、コロナを理由に個人単位で出場を見合わせる例は続出するでしょう。具体的に言えば、五輪の金メダルが最高の勲章ではないテニス、ゴルフ、サッカー、バスケットボール、自転車のロードレースといった種目のトップ選手は、無理して五輪に出るよりも、“本業”へのリスクが少ない道を選ぶはず。ビッグネームがドミノ式に『オレもオレも』と、不参加を表明する時期が来るでしょう」(週刊誌スポーツ担当記者)

 一度は減少傾向だった東京の感染者数も、再び増加傾向に転じている。「本当に開催できるのか?」と気を揉む状況は、まだしばらく続きそうだ。

石井洋男(いしい・ひろお)

石井洋男(いしい・ひろお)

1974年生まれ、東京都出身。10年近いサラリーマン生活を経て、ライターに転身。野球、サッカー、ラグビー、相撲、陸上、水泳、ボクシング、自転車ロードレース、競馬・競輪・ボートレースなど、幅広くスポーツを愛する。趣味は登山、将棋、麻雀。

最終更新:2021/04/09 07:00

五輪不参加第1号は北朝鮮 その思惑と追随する国は?のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

多様化する日本のHIPHOP最前線!

さまざまなアーティストが生まれ出るHIPHOPの最前線はこれだ!
写真
人気連載

YOASOBIが深夜ラジオで飯テロ!

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

令和ロマンが語る令和芸人の歩き方

 いく度目かのお笑いブームが極まっている昨今、第7世代の次の世代に期待を寄せる視聴者...
写真