日刊サイゾー トップ > 芸能  > マリエの告白で注目集まる枕営業

マリエの告白で注目集まる「枕営業」だが…「枕をやったら売れない。仕事が減る」説の真相

文=木村之男

マリエの告白で注目集まる「枕営業」だが…「枕をやったら売れない。仕事が減る」説の真相の画像1
マリエ

 突如として島田紳助氏による枕営業強要の過去を告白したマリエ。マリエに対して紳助氏と性行為をするように勧めた出川哲朗やお笑いコンビ・やるせなすにも火の粉がかかる事態となっている。

「出川が所属するマセキ芸能社もやるせなすのワタナベエンターテインメントも、“そのような事実はない”と完全否定。15年前の話で証拠があるわけでもなく記憶も曖昧だろうから、事務所の対応としてはそうなると思いますよ。否定するしかありませんからね」(芸能事務所関係者)

 マリエは紳助氏との性行為を拒んだ結果、紳助氏が出演する番組から干される形となったという。

「マリエさんの判断は正しい。枕営業なんて絶対にする必要はありません」

 そう話すのは、制作会社幹部だ。この幹部によると、実際に枕営業をする女性タレントはいたというが、そういったタレントがしっかりと成功した例は少ないとのことだ。

「MCクラスのタレントや、テレビ局のお偉いさん、あるいは広告代理店の上層部と関係を持って、仕事を得ようとするタレントはたしかにいました。でも、仮に枕営業で仕事を取ったとしても、ゲストで数回番組に呼ばれるとか、ドラマの端役とか、その程度の仕事しかもらえない。しかも、関係者たちは“枕で仕事をとった”ということを知っているわけで、ものすごく軽く扱われるんです。枕営業をして、大物タレントになった例なんて皆無に等しいですね。本当に売れるタレントには自然とオファーが殺到します。枕をしなきゃ仕事がもらえないということは、タレントとしての魅力がまったくないということです」(制作会社幹部)

 また、大物タレントの誘いに乗って枕営業をすると逆に仕事が減るケースもあるようだ。

「簡単に枕営業をするということは、プライベートもそこそこ派手だということだし、複数の人物と肉体関係を持っているとなれば、それだけスキャンダルに絡む可能性も高い。制作サイドとしては、そういうタレントはリスクでしかない。“あいつ枕やってるらしいよ”なんて噂を聞くタレントについては、正直起用するのも慎重になります。マリエさんは、紳助さんの誘いを断って紳助さんの番組からは干されましたが、逆に紳助さんの誘いに乗っていたら、他の番組から干されていたかもしれない。枕なんて、自分のタレントとしての価値を下げるだけです」(同)

 枕営業をして伸し上がれるほど芸能界は甘いところではないということだ。

木村之男

木村之男

1972年生まれ、東京都出身。大学時代にライターとして活動し始め、出版社~編集プロダクションを経てフリーに。芸能・カルチャー・テレビ・広告業界などに精通する。趣味はテレビに映った場所を探し出して、そこに行くこと。

最終更新:2021/04/13 16:00

マリエの告白で注目集まる「枕営業」だが…「枕をやったら売れない。仕事が減る」説の真相のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

人気連載すべて見る

元木昌彦の『週刊誌スクープ大賞』

「週刊現代」「FRIDAY」の編集長を歴任した"伝説の編集者"元木昌彦による週刊誌レビュー

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士、かく語りき

“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士の最新情報をお届け! 嫁・麗子も時々登場。

テレビウォッチャー・飲用てれびの『テレビ日記』

テレビの気になる発言から、世相を斬る!

じゃまおくんのWEB漫クエスト

マンガレビューブログ管理人じゃまおくんが、インターネットに埋もれる一押しマンガを発掘!

腹筋王子カツオ『サイゾー筋トレ部』

“腹筋インストラクター”腹筋王子カツオさんが、自宅でも簡単にできるエクササイズを紹介!

イチオシ企画

【PR】DYM・水谷佑毅社長の野望とは?

医師免許を持つ、ベンチャー経営者の異色の半生!
写真
特集

また週刊誌上でレスバ!? 眞子さまと小室圭さんの結婚どうなる?

眞子さまとの結婚が内定している小室圭さんが自身の問題について文章を公表。その内容に賛否が渦巻いている……。
写真
人気連載

もう中学生、ルール無用の「マイルール」

 テレビウォッチャーの飲用てれびさんが、先週...…
写真
インタビュー

三島由紀夫、柳美里…実在の人物を描いた小説の事件簿

 田山花袋が小説『蒲団』で女性の弟子への恋情を描いたこと、三島由紀夫が都知事選に...
写真