日刊サイゾー トップ > 社会 > メディア  > 「女子アナ“寝息”特番」に炎上の懸念?

文化放送「女子アナ“寝息”特番」に炎上の懸念…「女性を軽視していると取られかねないリスクある内容」

文=大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

文化放送「女子アナ寝息特番」に炎上の懸念…「女性を軽視していると取られかねないリスクある内容」の画像1
『寝息特番~文化放送アナウンサーの寝息を90分間お届け。寝言も活舌がいいのか気になる件』文化放送 公式サイトより

 昨今、森喜朗東京五輪大会組織委員会前会長の女性蔑視発言に代表されるように、女性差別につながる言動が世間から大きな注目を集め、同時に厳しい目で見られている。

 そんな中で、在京ラジオ局の文化放送が4月19日深夜に放送する特番を巡って、早くも同業者から心配する声が挙がっているようだ。

 番組は『寝息特番~文化放送アナウンサーの寝息を90分間お届け。寝言も活舌がいいのか気になる件』(4月19日午前2時から3時30分)。同局の公式サイトによると、コロナ禍でストレスや生活習慣の変化で寝付きにくさや浅い眠りにより十分な睡眠が取れないリスナーに向けて「より安らかに眠りについてもらうための究極の癒しの音」として、寝息を放送でそのまま流すというものだという。

 在京ラジオ局関係者は「聴取率週間に合わせて、2年前から同様の“ASMR”シリーズを実施。以前は町中華のお店の調理場に音声機材を持ち込んで調理する音をそのまま流したり、たき火の音を流すなど癒しや食欲が湧く内容で話題を呼んでいました。ですが、今回の企画は疑問しか浮かばない」と困惑している。

 今回、寝息をオンエアで流すのは西川文野、坂口愛美、松井佐祐里、高橋将市の4人のアナウンサー。ここに問題があったという。

「実は女性3人のアナウンサーはいわゆる契約社員で、依頼があった仕事は相当な理由がない限り、断ることは難しい立場です。女子アナマニアへのウケは抜群にいいのでしょうが、彼女たちの立場はあくまで会社員。昨今の社会問題を考えればかなりまずいでしょう。40代中盤の高橋アナは男性の局アナですが、1人だけ経路の違う人選にも首をかしげてしまいます」

 2013年にも同局の局アナである水谷加奈アナウンサーがセクシーなポールダンスを披露したり、写真週刊誌にグラビアを掲載するなど過激な挑戦をしたことはあったが、「当時と今は社会情勢も、女子アナの社内的な立場も異なる。そもそも、こうした企画が今、ラジオ局で通ってしまうこと自体、女性を軽視していると取られかねないリスクのある内容。もっと企画をひねり出せばいくらでもいい素材はあるはずです」と、安易な企画内容に呆れている。

 もっとも、以前なら「潤沢な予算もあって深夜特番なら旬なタレントを呼んで生放送をするなどしていたのでしょうけど、それも叶わないほど、ラジオ局の経営状況は逼迫している」と明かす。

 各方面からツッコまれて企画自体が不成立とならなければいいのだが……。

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

大山ユースケ(おおやま・ゆーすけ)

1990年、千葉県生まれ。某大手メディアに勤務中の複業ライター。得意ジャンルはお笑いと酒。

最終更新:2021/04/12 20:17

文化放送「女子アナ“寝息”特番」に炎上の懸念…「女性を軽視していると取られかねないリスクある内容」のページです。日刊サイゾー芸能最新情報のほか、ジャニーズ/AKB48/アイドル/タレント/お笑い芸人のゴシップや芸能界の裏話・噂をお届けします。その他スポーツニュース、サブカルチャーネタ、連載コラムドラマレビューインタビュー中韓など社会系の話題も充実。芸能人のニュースまとめなら日刊サイゾーへ!

ページ上部へ戻る

配給映画

イチオシ企画

『LINE LIVE×雑誌サイゾー』グラビアモデルコンテスト2022開催!

『LINE LIVE』と『雑誌サイゾー』がコラボ「グラビアモデルコンテスト2022」開催
写真
特集

『鎌倉殿の13人』ドラマと史実の交差点

小栗旬、大泉洋、小池栄子、新垣結衣ら豪華キャストが出演、三谷幸喜作の大河ドラマと史実の交差点を読み解く
写真
人気連載

『シン・ウルトラマン』に「笑ってまうよね」

 こんにちは。ラジオ書き起こし職人のみやーん...…
写真
インタビュー

中島岳志が見る2021年衆院選の行方

 政治学者・中島岳志氏を迎えた本インタビュー。前編「『選挙に行こう』だけでは意味がな...
写真